内向的な人の出世を支援するマニュアル 毎月50名様先着プレゼント中!

友達の数が多い人ほど信頼関係を築くのが下手な理由

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

友達はいなきゃいけないって思ってる人は多いようです。

でも、友達が多くても気を遣うし、なんなら、いてもいなくてもいいのです。

友達の数が多い人の特徴

友達が多いのを羨ましいと言うのは、やめよう

なぜ友達が多いのが良いことなのでしょう。

わたしにしてみれば、友達が多いということは、余計な悩みを増やすだけで、

ただの人生の足かせにしかならないと思うのです。

大切なのは、少しの友人を深く大切にするということです。


無礼をする

友達が多い人は、平気で無礼をすることが多いです。

そういう人は基本、「あなたも友達の一人」という考え方をするので、

接し方に手を抜かれるのです。

多く友人を持てば持つほど、一人一人に細かく気を遣っていられないわけです。

その友人にとっては唯一の友人なのに。

友達がたくさんいても、大切にしなきゃ意味がないってことです。



消しては書き足しての関係

友達の多い人は、一人一人と信頼関係を築けないため、その分去る人も多く、

消しゴムで消しては、また書き足して、というような、紙のような関係なのです。



薄い関係

友達の多い人の友達観は、友達の少ない人のそれとは違います。



それは”友達”と言うよりも、”同志”の感覚に近く、一つのスローガンを共有して繋がっているような、

政党みたいな関係です。



一人の友だちを大切にする人は、お互いが太いヒモで繋がり、

いくら引っ張っても切れない、太い信頼関係で繋がっていますが、

一本のヒモでしか保たない彼らの関係は、

ちょっと風が吹けば、すぐに離れ離れになります。

つまり、ちょっと都合が悪くなれば、すぐに離れるような関係なのです。



何故か繋がりたがる

友達の多い人に限って何故か、繋がりたがります。

お互いに共通点を見つけたら、すぐに友達になろうとするのです。

例えば地元の話がいい例で、地元の誰のコトを知っているという話は、お互いが繋がるにはいいきっかけで、

郷里が一緒というだけで、友達になったような気分なのです。




でも、そういうところは、ある人にとっては馴れ馴れしいと感じ、

また、余計なお世話とさえ感じるでしょう。



友達が多くなくていい理由

内向型に友達はいなくてもいい

友達の少ない人のほとんどは、内向型の気質があります。



内向型は外向型とは違って、周囲のことに興味を持たないので、

それほど人間関係に首を突っ込みません。

そもそも人と関わろうとしないのだから、友達や知り合いの数は少なくなるのは当然で、

友達の少なさに悩むのは、まったく意味のないことだし、友達が少ないのは当たり前なのです。




反対に友達が多いのは外向型で、彼らは”社会”というものがなによりも大切なので、

社会と関わるうちに、自然と友達も知り合いもできるという、

極めて自然の成り行きで人間関係を作っていくのです。


でも、そこにお互いの信頼関係があるかどうかは別の話であり、

外向型だからといって、お互いにコミュニケーションが取れているかといえば、必ずしもそうではありません。

大事なのは、友達の多少に関わらず、深い信頼関係を築けているかどうかです。



親友は大切

友達は多くなくていいですが、親友は大切にしなきゃいけないと思います。

親友とは、長い時間をかけて、信頼を積み重ねないとできないものなので、

がんばって作れるものではありません。

恋人と同じで、お互いよく知っていないとできないのです。



友達は無理して作らないこと

友達は少ない、もしくはいないという人は、それでいいと思います。

焦って友達を作っても、いいことはありません。




でも、門戸を閉じたりは、してはいけません。

話をして、「この人とは話ができるな」という人を、自分のペースで大事にすれば良いのであって、

そこに、みんなが思い描くような”友達”というくくりを、持ってこなければ良いのです。

友達の数に関係なく、節度ある付き合いをして、お互いの信頼を高めていくようにしましょう。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

本書は「内向的性格の人へ向けた独立支援マニュアル」です

うつ病になり、人生を諦めかけていた筆者が独立できたのは、

自分を苦しめていた、この、内向的な性格のおかげでした。

筆者の個人的体験を織り交ぜ、独立に至る道のり、実践的スタート方法を徹底解説。

更に、このマニュアルを読んだ方にのみ限定公開の”秘”マニュアルの存在も。

脱・雇われ人を目指し、一人で仕事をしたい方、必見の虎の巻。

毎月50名様限定

無料お試し進呈中!

限定無料マニュアルを受け取る

第二新卒の転職に、おすすめの転職サイト

内向的な人が転職する時は、親身に相談に乗ってくれる、第二新卒エージェントがおすすめ!

一人あたり平均8時間の手厚いサポート。企業担当による面談対策。幅広い求人のご紹介。内定後、入社後もサポート。

初回2時間の面談でヒアリングから求人紹介まで完了。最短3日で内定獲得の利用者も。

未経験OKの正社員求人も多数取り扱い。取引企業は累計10,000社以上。

10~20代の第二新卒・既卒に特化した就職サポート

もしも辞める勇気がなかったら・・・

退職代行ガーディアンがおすすめ!

退職代行という労働問題において一般法人(株式会社など)と弁護士の強みを”唯一”持つ存在で、

労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を ”唯一”合法的に可能としてます。


低費用、簡単、確実(弁護士法72条で代理交渉権有)

簡単 (弁護士のような職務規定無い)、

低費用(一般法人と同じ人件費水準)、

確実(労働組合法6条で労働者のための代理交渉OK)


本当に20代の味方となれる退職代行。詳しくはこちら!

[確実根拠]憲法/民法/労組法/労基法に基づく最強の退職代行

外部リンク:女友達のリアルについてホンネ調査! 親友の定義や人数は? SNSだけでつながっている友達はいる?

記事をシェアしましょう