内向的な人の出世を支援するマニュアル 毎月50名様先着プレゼント中!

考え過ぎと言われる人は、なぜ考え過ぎてしまうのか

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

「考えすぎ」って言われたことはないですか?

そんなこと言われても、って感じですよね。

考えすぎる性格になる理由

考え過ぎるのは内向型

「考え過ぎ」と言われる人は内向型の可能性があり、考えすぎないのは外向型の可能性があります。



これからその2つの理由をご説明します。

脳科学的理由と、生物学的理由です。


内向型が考えすぎる理由

アセチルコリンという神経伝達物質があります。

アセチルコリンはドーパミンなどの神経伝達物質の一つで、

平常心を保ったり、快感をもたらす物質です。

内向型はこのアセチルコリンの分泌能に特化していると言います。



人は思考すると、海馬や大脳のアセチルコリン濃度が上昇し、さらには快感を得ますが、

内向型はこの機能に、特に特化しており、

内向型はこれらの部位への血が、外向型よりも多く流れることにより、

これら思考する部分のアセチルコリン濃度が、高くなっていることが、研究により明らかになっています。

内向型が深く考えてしまうのは、考えるのが好きだからであり、クセであり

快感を得るために考えているとも、考えられます。


生物学的な、外向型と内向型の考え方の違い

外向型の考え方

では、生物学的な面から、考えすぎてしまう理由を考えます。



人間には外向型人間と、内向型人間がいますが、

その数は8割と2割と言われており、

両者の大きな考え方の違いは、「相手に働きかけるか、自分が変わるか」です。



外向型の数は8割と、絶対的多数を占めることで、人間社会を構成します。

その生き方は人と人との繋がり重視であり、自分の存在意義を人との繋がりの中に見出します。

自分だけが突出していると、チームワークに齟齬が生じるので、自分だけ能力を伸ばすことはしません。

全部自分でやろうとせずに、相手にやってもらうよう働きかけ、

自分はあまり考えなくてもいいように、ルールや秩序を作ります。

仕事でチームワークが重視されるのは、外向型の数が多いからであり、

仕事というもの=共同作業なのは、こうした理由からです。




考えすぎず、問題は他の人に分散、というのが外向型の基本スタンスであり、

自分にフォーカスしすぎないようになっているのが、外向型です。

そこまで自分に強さを求めないのです。


内向型の考え方

外向型が責任を分散する考え方なのに対して、

内向型は、すべての責任を一身に受ける考え方です。



内向型の人口比は2割。

外向型と比べて、内向型の数が圧倒的に少ないのは、生物学的には、新たな土地を開拓するためです。

人間は同じところにとどまっていては、そのうち滅びてしまうので、

その内の誰かは、新しいものを探しに行く必要があります。

新しいところに行くのは少数で良くて、

あまり大人数で出て行って、みんなが死んでしまうような、大きなアクシデントに見舞われたら種としての存続に関わるので、

外向型のような、大人数で社会を運営する人間は、その役割を負いません。

誰が開拓に行くのかと言うと、常に少人数、または一人で動き回る内向型です。



このことが「考えすぎる」ことに何の関係があるのかと言うと、

一人で出ていくと言うことは、全部自分で、自分の面倒を見なきゃいけないから、

自分をより強い人間に変えようとして、考えすぎるわけです。



内向型が一人を好むのも、考えすぎる性質も、

どんな逆境でも生きていけるような強さを、求めるがゆえなのです。



考え過ぎと言われることに悩んでいるだけ

このように考えていると、

考えすぎるのは自己変革のためであり、悪いことではないとわかります。



考えすぎることに悩むのは、物事が上手く行かないからですが、

上手く行かないのは、考えすぎることを良しとしない、外向型の環境に居るからであり、

そんな環境に、考えすぎる人間が居ると、ただ利用されるだけになってしまうこともあります。

流れに逆らうのはツライように、内向型が外向型の環境に居て、能力がフルに活かせないのは当たり前なんです。


考えすぎるのは能力であり、そんな数少ない類まれな能力、8割型の人間は理解できないので、

当然のことながら、その能力がフルに活かされる環境に出会えることは少ないと、言わざるをえません。



ちなみに、考えすぎることに悩むのは、自分の能力が上手く活かせないことと、

「考えすぎだよ」と言われることに、悩んでいるだけなんです。


考えすぎるのは悪いことじゃない

考えすぎるのはしょうがない。

最適な環境に居ないと、この能力は発揮されないということは、

自分に最適な場所を見つければ、内向型は幸せになれるということです。



どうやって自分に合った場所を見つけるかと言うと、

黙って膝を抱えたままでは、絶対に見つかりません。

とにかく色々な経験をして、どんどん強くなる必要があります。

どんな天才だって、思い切って何かを始めずに、新しい何かが見えてくることはありません。



内向型の強みは、誰も届かないくらい、強くなれること。

自分に合った場所は、自分が強くなった末に見えてくるはずだと、わたしは思うのです。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

本書は「内向的性格の人へ向けた独立支援マニュアル」です

うつ病になり、人生を諦めかけていた筆者が独立できたのは、

自分を苦しめていた、この、内向的な性格のおかげでした。

筆者の個人的体験を織り交ぜ、独立に至る道のり、実践的スタート方法を徹底解説。

更に、このマニュアルを読んだ方にのみ限定公開の”秘”マニュアルの存在も。

脱・雇われ人を目指し、一人で仕事をしたい方、必見の虎の巻。

毎月50名様限定

無料お試し進呈中!

限定無料マニュアルを受け取る

第二新卒の転職に、おすすめの転職サイト

内向的な人が転職する時は、親身に相談に乗ってくれる、第二新卒エージェントがおすすめ!

一人あたり平均8時間の手厚いサポート。企業担当による面談対策。幅広い求人のご紹介。内定後、入社後もサポート。

初回2時間の面談でヒアリングから求人紹介まで完了。最短3日で内定獲得の利用者も。

未経験OKの正社員求人も多数取り扱い。取引企業は累計10,000社以上。

10~20代の第二新卒・既卒に特化した就職サポート

もしも辞める勇気がなかったら・・・

退職代行ガーディアンがおすすめ!

退職代行という労働問題において一般法人(株式会社など)と弁護士の強みを”唯一”持つ存在で、

労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を ”唯一”合法的に可能としてます。


低費用、簡単、確実(弁護士法72条で代理交渉権有)

簡単 (弁護士のような職務規定無い)、

低費用(一般法人と同じ人件費水準)、

確実(労働組合法6条で労働者のための代理交渉OK)


本当に20代の味方となれる退職代行。詳しくはこちら!

[確実根拠]憲法/民法/労組法/労基法に基づく最強の退職代行


記事をシェアしましょう