内向的な人の出世を支援するマニュアル 毎月50名様先着プレゼント中!

【革命的】人生に幸運をもたらす糖質制限の力

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

うつやイライラを治したいなら、まずは糖質を制限すべき。

社会問題のほとどは、食生活の乱れからです。

糖質制限で人は変われる

最近イライラしている人が多い

最近は、こんな人が多い。

いつもイライラ、

足の引っ張り合いをする、

つまらないことにこだわる、

不安神経症気味な人、

気持ちの浮き沈みが多い、

疲れ顔。



それも20年前と今とじゃ、明らかに違います。

これは私見ですが、ひとつは、食べ物に問題があるんじゃないかと。


糖質はガン

今は20年前よりずっと、不健康な食べ物が簡単に手に入りやすい時代です。


たとえば清涼飲料水ななどは、糖分がギッチリ入っていて、ガンや各種生活習慣病など、

生体の機能を下げるしか役割がないので、本来飲んじゃいけないものなのに、

今や簡単に手に入る上、一度飲んでしまうと、あっという間に中毒になってしまう。



菓子類もそうで、これを子供の内から、年がら年中食べていると、

早くて10代でアトピー、20年後にはガンかもしれない。





米でさえもそうで、精米しすぎて、もはや糖分しか残っておらず、

米の糖分を分解するミネラル源である、大事な大事な胚芽の部分は、もうすでになくなっていて、

これではもう、お腹の肉にしかならないのに、

白米を食べていれば元気になると勘違いしている人が、日本人のほぼ全員ときている。


まったく栄養がない食事を、栄養満点だと言っている人があまりに多いのです。

むしろ、栄養満点だと思っている食事が、実は糖分だらけの不健康の塊そのものなので、

ほんとうに、どんな食事をすれば健康になれるのか、しっかり考えるべきです。



日本人が足を引っ張り合う理由

糖分を取りすぎると何が起こるかというと、顔が青白くなって力がなくなり、

精神錯乱し、うつ様症状が出て、

イライラし、つまらないことにこだわり、

考えが先に進まず、疲れやすくなり、

乳酸が溜まってガンになるのです。




日本人に足を引っ張る人が多いのは、糖分を取りすぎだからです。

だから日本人は、家庭では喧嘩が絶えず、

腹のたるんだ人が多く、

うつ病患者が多い。




本来糖質を摂取するなら、糖質をエネルギーに変換するために、鉄分とかミネラル分のたくさんの摂取が必要ですが、それもままならず、

ただひたすら糖分をたくわえ、どんどん力をなくしていく。

むしろミネラルを摂っていたとしても、それを上回る量の糖質を摂っているから、需要に対して供給がまったく追いついていない。




事実、多くの人が、話していても言葉に力がない。

これは糖質摂取による、血糖値の上昇、インスリンの放出による低血糖状態により、

頭が働かず、にっちもさっちもいかなくなったことによる、無気力です。

多くの日本人の思考の放棄、同調主義も、食生活の酷さが、大いに関係していると思っています。




栄養を抜きに、人生は語れない

栄養を抜きにして、人は力を出せません。

栄養や自己管理の話をぬきにして、精神論だけでパワーを持とうとしても、それは過去のスポ根マンガの見過ぎというもので、不可能。

仮に、気合でなんでも成し遂げる人がいて、お酒も強く、誰よりも遅く仕事をしまくって、

誰よりもパワフルな人がいたとしても、それはただ体調に鈍感なだけで、

そういう人は、すぐに病気になってあっという間に死にます。


昔の俳優さんみたいなものです。

酒の話だとか、不摂生がかっこいいかもしれないけれど、いつも病気の話が絶えず、

晩年は大変な亡くなり方をしたりした人が多かったのです。



糖質を制限している有名人

こういう、超飽食の時代でも、確実に結果を残している人は、

やはり食事を考えている人が多いのです。





サッカー選手のクリスティアーノ・ロナウドは、たしか食事はチキンとブロッコリーが基本だとか。

あれだけの身体をしていて、ずっと成果を上げているのだから、おそらくこの話は、ほぼ嘘ではないでしょうし、

きっとそれ以外にも、色々な制限を自分に課しているはず。

あれだけの年収があるなら、周りに色んな誘惑も多いはずで、

それに負けていないところを想像すると、自分の肉体が資本だということを知っているのです。




あとはミュージシャンのGACKTさん。

この人は大好きだった米とか、炭水化物を何年も食べていないそう。

加えて一日一食にして、体型を維持し、若さも維持しているのだとか。

この仕事も身体や容姿が基本でしょうし、

その世界の厳しさを知っているからこその選択なのでしょう。


糖質をやめれば人生変わる

筆者も糖質を制限して、結構経ちますが、

米をたくさん食べていたときよりも、かなり元気です。

米の代わりにお肉をたくさん食べるので、自然とタンパク質摂取が多くなり、

身体も引き締まり、心も平衡を保てています。




なにごとも、いい仕事をするには、まず身体から。

良い精神は身体からです。

巨人の星のような昭和の、気合だけの精神論でなんでもうまくいくと思うのは、時代錯誤どころか、

2000年前の人もバカげていると言うはず。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

本書は「内向的性格の人へ向けた独立支援マニュアル」です

うつ病になり、人生を諦めかけていた筆者が独立できたのは、

自分を苦しめていた、この、内向的な性格のおかげでした。

筆者の個人的体験を織り交ぜ、独立に至る道のり、実践的スタート方法を徹底解説。

更に、このマニュアルを読んだ方にのみ限定公開の”秘”マニュアルの存在も。

脱・雇われ人を目指し、一人で仕事をしたい方、必見の虎の巻。

毎月50名様限定

無料お試し進呈中!

限定無料マニュアルを受け取る

第二新卒の転職に、おすすめの転職サイト

内向的な人が転職する時は、親身に相談に乗ってくれる、第二新卒エージェントがおすすめ!

一人あたり平均8時間の手厚いサポート。企業担当による面談対策。幅広い求人のご紹介。内定後、入社後もサポート。

初回2時間の面談でヒアリングから求人紹介まで完了。最短3日で内定獲得の利用者も。

未経験OKの正社員求人も多数取り扱い。取引企業は累計10,000社以上。

10~20代の第二新卒・既卒に特化した就職サポート

もしも辞める勇気がなかったら・・・

退職代行ガーディアンがおすすめ!

退職代行という労働問題において一般法人(株式会社など)と弁護士の強みを”唯一”持つ存在で、

労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を ”唯一”合法的に可能としてます。


低費用、簡単、確実(弁護士法72条で代理交渉権有)

簡単 (弁護士のような職務規定無い)、

低費用(一般法人と同じ人件費水準)、

確実(労働組合法6条で労働者のための代理交渉OK)


本当に20代の味方となれる退職代行。詳しくはこちら!

[確実根拠]憲法/民法/労組法/労基法に基づく最強の退職代行

外部リンク:精神科医こてつ名誉院長のブログ

記事をシェアしましょう