内向的な人の出世を支援するマニュアル 毎月50名様先着プレゼント中!

企業が求める人物像が決まって外向型なワケ

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

あなたの性格は内向的ですか?

もし内向的性格だとお思いでしたら、今まで人と関わることで疲れたりしませんでしたか?

会社勤めにおける、外向型と内向型の向き不向きについて考えたいと思います。

社会で外交的な人が求められる理由

内向型は会社勤めに向いてない

内向型は会社勤めに向きません

これは断言できます。

内向型にとって人間関係は、背真エネルギーを消耗させ、結果心身にダメージを受け仕事に支障をきたす為です。

内向性の人々は、心理的なエネルギーが、自己の熟考を通して心身に拡大し、また他人との相互作用の間中ずっとそれは減少してゆく。

内向型の者は、読書、作文、コンピュータの使用、ハイキングおよび釣りなどといった独りでの活動にしばしば喜びを感じる。 中略 また多くの人々と過ごした際の時間の報酬は少なくなりやすい。

ウィキペディア 外向性と内向性より

上記のように、内向型性格の詳細はドイツの心理学者、カール・グスタフ・ユングにより説明されており、

内向型にとって集団は、生産性を低下させるため、基本的に会社勤めには向いておらず、

一人でやる仕事のほうが生産性が良いのです。



外向型の性質

逆に、集団生活を好むのは外向型であると、ユングは説明しており、

外向性は、外界の自分に対して第一に満足感を得る状態のことである。外向型の人は、人間同士の相互作用を楽しみ、あることに熱狂的かつ、おしゃべりであり、はっきりと主張しつつ、また他人と群れることの多い傾向がある。外向性の人は、他の人々の周囲にいることで精力的に活動し、繁栄する。

ウィキペディア 外向性と内向性より

外向型は人との関わりにより、精神エネルギーを回復するので、集団の中で活動しようとする性質があります。

集団にエネルギーを持っていかれる内向型とは違って、外向型のほうが集団には向いているということなのです。



企業が求める人物像

外向型は即戦力になれる

ほとんどの会社が、人材の気質として外向的であることを求めます。

就職活動では必ずと言っていいほど外向的であるかを問われます。

★企業が求める人物像★
社会性 ・・・・・周囲の人と精力的に活動できる
快活明朗 ・・・・・おしゃべり、はっきり主張する
コミュニケーション力 ・・・人間同士の相互作用を楽しむことが出来る

つまり集団生活に向いていることが大前提です。




それに外向型は、即戦力になれる素質があります。

人との会話に難がなく、飲み込みも早い。

その点で、内向型は納得するまで考えてしまうので、”即”というわけにはいかず、

人付き合いも基本好みません。


こういった理由から、外向型を企業が求めるのは、自然というわけです。



どこの業界も考えることは同じ

転職サイトのDODAの「会社が求める人物像」の調査では以下の結果が出ています。

外向性は3位に。その他外向性の一つとも言える積極性も1位に

なんとほぼ全ての業種が人材に、外向性を重視しています。

昨今、日本経済の縮小や国際競争力の低下など、さまざまな課題を抱える企業では、与えられた仕事を遂行するだけでなく、組織目標を達成するために何をやるべきかを、自ら考え実行できる積極性を求めていると考えられます。

二番目に多いのは「柔軟性」(60%)で、社会構造やマーケットの変化のスピードが速まる中、今までのやり方に固執せず、状況に応じて柔軟に思考や行動を変化させられる力が求められているのでしょう。

DODAより引用

日本のビジネスの場は”和を持って尊し”。

これは言い古された言葉ですが、どんな職場でも外向的であることが、今の日本では正しいのです。

つまり「和を乱さず会社のために尽くしてくれる人がほしい」ということです。



会社への忠誠心(エンゲージメント)

日本は貢献疲れ状態

日本の企業のエンゲージメントは他国に比べて圧倒的に低いという調査結果がありますが、

これは、会社に必要以上に尽くさなければいけない、いわゆる”貢献疲れ”が原因だという指摘もあります。

外部リンク:日本の施策は30年遅れ? 誤解されたエンゲージメントの本当の意味


エンゲージメント(契約)とは、いかにエネルギーを効率的に持続させるかというのが本来の意味です。

結婚指輪や婚約指輪を「エンゲージメントリング」と呼びますが、契約状態をいかに効率的に持続させるかというのがエンゲージメントです。

結婚生活も契約状態というわけです。


日本のエンゲージメントは、旧来の「精神論」に基づいたエンゲージメント向上の施策が打たれてしまっており、

エンゲージメント向上を謳い、給与増などで満足度の向上を目指しても、これらの施策が却って従業員を縛り付けてしまっています。

つまり「金を払うからもっと働け」ということであり、給与が高くても幸せでないのは「自由でない」状態が原因にありそうです。




外向型のほうが都合がいい

会社が外向的な人を求めるということは、裏を返せば外向型のほうが会社に尽くしてくれるので都合がいいのです。

内向型だと思うように動いてくれないということは、あるでしょう。

内向型も働かないと食べていけないので、無理して会社に尽くさなきゃいけないときもあるでしょう。

あまり欲を出さずひっそりと仕事をして、うまくストレスと付き合って、

いつか会社から独り立ち出来るよう、こっそり自分のスキルを磨いて準備しておくほうが、私はいいと思います。

安定した収入を得られるのであれば、今の時代は会社から出たほうが吉でしょう。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

本書は「内向的性格の人へ向けた独立支援マニュアル」です

うつ病になり、人生を諦めかけていた筆者が独立できたのは、

自分を苦しめていた、この、内向的な性格のおかげでした。

筆者の個人的体験を織り交ぜ、独立に至る道のり、実践的スタート方法を徹底解説。

更に、このマニュアルを読んだ方にのみ限定公開の”秘”マニュアルの存在も。

脱・雇われ人を目指し、一人で仕事をしたい方、必見の虎の巻。

毎月50名様限定

無料お試し進呈中!

限定無料マニュアルを受け取る

第二新卒の転職に、おすすめの転職サイト

内向的な人が転職する時は、親身に相談に乗ってくれる、第二新卒エージェントがおすすめ!

一人あたり平均8時間の手厚いサポート。企業担当による面談対策。幅広い求人のご紹介。内定後、入社後もサポート。

初回2時間の面談でヒアリングから求人紹介まで完了。最短3日で内定獲得の利用者も。

未経験OKの正社員求人も多数取り扱い。取引企業は累計10,000社以上。

10~20代の第二新卒・既卒に特化した就職サポート

もしも辞める勇気がなかったら・・・

退職代行ガーディアンがおすすめ!

退職代行という労働問題において一般法人(株式会社など)と弁護士の強みを”唯一”持つ存在で、

労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を ”唯一”合法的に可能としてます。


低費用、簡単、確実(弁護士法72条で代理交渉権有)

簡単 (弁護士のような職務規定無い)、

低費用(一般法人と同じ人件費水準)、

確実(労働組合法6条で労働者のための代理交渉OK)


本当に20代の味方となれる退職代行。詳しくはこちら!

[確実根拠]憲法/民法/労組法/労基法に基づく最強の退職代行

記事をシェアしましょう