内向的な人の出世を支援するマニュアル 毎月50名様先着プレゼント中!

人と関わるのがしんどい人は独立を目指しても良い理由

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

人と関わらない仕事は、まずありません。

ないからといって、無理して続けられないし・・・

ではどんな仕事をするべきでしょう?

人と関わるのがしんどい内向型は独立を目指すべき

内向型は人との関わりが下手ではない

筆者は接客業をやっていたことがあります。

自分で言うのも何ですが、接客態度、客ウケ、顧客の獲得数など、結構評価されていました。

筆者は内向的な気質なので、あまり接客業には向いていないと思っていたのですが。





実は内向型は人と接する仕事に向いているという意見もあります。

内向的な人によるコミュニケーションが好まれる理由

内向型は人の気持を察するのが得意だからです。

内向的だから人と接する仕事をしたくないと、感じている人は、

人に好かれる要素があるので、人と接する仕事に向いていないというコトでは無いんです。


人と接する仕事以外に仕事の選択肢がない人は、

人から嫌われる要素がないから大丈夫」と信じて

まずは人と接する仕事をやってみてもいいと思います。



でも、内向型にとって人との関わりは疲れのもと。

でも内向型にとって人付き合いは疲れの元。

人と接する仕事は精神的に消耗します。

だからわたしは途中から、「接客業は長くは続けられない」と感じていました。


心理学者のユングも、

内向性の人々は、心理的なエネルギーが、自己の熟考を通して心身に拡大し、また他人との相互作用の間中ずっとそれは減少してゆく。

ウィキペディア 外交性と内向性

と言っているように、内向型にとって人間関係は疲れの元です。



内向型の人は、まずは人と接する仕事をやり、経験を積みつつ、

その間に自分の将来を考え、独立を目指すというのが正攻法です。





人と関わらない仕事はむしろ、コミュ力が必要

独立にあたって、人とかかわらない仕事をするとなると、

基本的に自己完結できる仕事がいいでしょう。

例えば以下のような。

  • ライター
  • プログラマー
  • 写真家
  • 料理をつくる
  • 起業家


ただ、これらの仕事は、たしかに人と関わることは少ないでしょうが、

個人的には、どんな職種よりもコミュニケーション力が重要だと感じます。



自己完結できるということは、どんな責任も自分で被るということ。

相手との折衝もしなければなりません。

いい結果を得るには、相手と関係構築する力が必要ということです。

良い結果が得られないということは、イコール廃業。

人と関わらない仕事をするというのは、大変なのです。





ちなみにわたしは接客業の前、人とか変わらない仕事にあこがれて、

フォトグラファーをしたことがあります。

しかし、人との関わり方がわからなかったわたしは、

この仕事の独特の、ドロドロした人間関係に、どうにもついていくことができず、

精神的に限界になり、辞めてしまいました。

フォトグラファーとか、クリエイティブ系は、生存競争の激しい世界なのです。



クリエイティブ職であれば、相手方のイメージの、さらに一段上を行くような仕事をしなければならないでしょうし、

起業家であれば、取引先と長期的で、良い関係性を作らなければならない。

どんな仕事よりもコミュ力が必要なのです。


まずはコミュ力を磨くことが成功の鍵

よって、「人と関わりたくないから」という理由でこれらの仕事を選ぶべきではありません。

これらはむしろ、コミュ力のある人がやるべき仕事とも思えます。




しかし、私は先程「独立を目指す」と言いました。

やはり、内向型の人は、無理をして人と関わる仕事を続けられないし、

無理をして続けていると、そのうち身体を壊すことにもなりかねません。

わたしが勧めるのは、ほんの短い期間でのことです。





今回のまとめです。

  • 内向型は人に嫌われるコトが少ないタイプの人間なので、まずは自分に自信を持って始めてみる。
  • コミュニケーションを学ぶつもりで何年かやってみる
  • その仕事を続ける期間は問わない(筆者の場合約10年)
  • その間に、自分が将来何をすべきか考え、独立の準備をする



内向型はもともと、人の輪の中にはいられないタイプの人間。

人の輪の外の人間です。

例えば、みんなが畑を耕している間に、自分は狩りに行っているようなもので、

いつも、一人遠くを目指して、何かを考えている人間。



そういう人種であると、理解することが、いい人生を送るための第一条件です。


おわりに

私の場合、まずは接客業をして、人間関係で悩みながら10年ぐらい経って、

ようやく自分のやりたいことが見えてきて、

そうして独り立ちした経緯があります。

最初から、「イヤだから」というのは、間違いなく失敗する。

まずは人と関わってみて、人間力をつけて、それからスタートでも全然遅くはありません

ここまでお読み頂きありがとうございました。

本書は「内向的性格の人へ向けた独立支援マニュアル」です

うつ病になり、人生を諦めかけていた筆者が独立できたのは、

自分を苦しめていた、この、内向的な性格のおかげでした。

筆者の個人的体験を織り交ぜ、独立に至る道のり、実践的スタート方法を徹底解説。

更に、このマニュアルを読んだ方にのみ限定公開の”秘”マニュアルの存在も。

脱・雇われ人を目指し、一人で仕事をしたい方、必見の虎の巻。

毎月50名様限定

無料お試し進呈中!

限定無料マニュアルを受け取る

第二新卒の転職に、おすすめの転職サイト

内向的な人が転職する時は、親身に相談に乗ってくれる、第二新卒エージェントがおすすめ!

一人あたり平均8時間の手厚いサポート。企業担当による面談対策。幅広い求人のご紹介。内定後、入社後もサポート。

初回2時間の面談でヒアリングから求人紹介まで完了。最短3日で内定獲得の利用者も。

未経験OKの正社員求人も多数取り扱い。取引企業は累計10,000社以上。

10~20代の第二新卒・既卒に特化した就職サポート

もしも辞める勇気がなかったら・・・

退職代行ガーディアンがおすすめ!

退職代行という労働問題において一般法人(株式会社など)と弁護士の強みを”唯一”持つ存在で、

労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を ”唯一”合法的に可能としてます。


低費用、簡単、確実(弁護士法72条で代理交渉権有)

簡単 (弁護士のような職務規定無い)、

低費用(一般法人と同じ人件費水準)、

確実(労働組合法6条で労働者のための代理交渉OK)


本当に20代の味方となれる退職代行。詳しくはこちら!

[確実根拠]憲法/民法/労組法/労基法に基づく最強の退職代行

記事をシェアしましょう