内向的な人の出世を支援するマニュアル 毎月50名様先着プレゼント中!

【事実】内向的な人のほうが接客業に向いている理由

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

突然ですが、わたしは接客業を5年位していました。

人と関わる仕事ですので、人に気を遣わないとやってけません。

人と関わる仕事に向いているかどうかは、実は性格の分類でわかるんです。

自分の性格を知ってみると、今まで接客業に向いていないと思っていたのが、実は向いているかもしれません。

あなたは外向型?内向型?

外向型・内向型簡易チェック

筆者の正確は内向的で、

あまり人付き合いを進んでしようとしないタイプです。


反対は外向型で、

積極的に人と関わりを持とうとする、コミュニケーション重視のタイプです。

あなたはどちらのタイプでしょう?

内向型
人付き合いをしたくない
一人で過ごす方が好き
何かするときは自分一人でやったほうがはかどる
一人の時間を苦もなく過ごせる
人との関わりは苦になる
社会に貢献したいと思わない
子供はほしくない
刺激が苦手

外向型
一人の時間が耐えられない
人付き合いが楽しい
人付き合いがないと人生は意味がない
人との関わりは大切
社会に貢献したい
子供がほしい
刺激を欲しがるタイプ


外向型は多数派、内向型は少数派

筆者はピュアな内向型の人間だと自認しており、

今まで人付き合いを生きがいと思ったことも、楽しいと思ったことも、全然なく、

誰かと要る時間がものすごく長く感じられ、一人でいる時間がないと気が狂いそうになる。



外向型は逆で、人との関わりが自身のエネルギーとなります。

実はこの「人との関わり」が内向型・外向型を分ける、最も的確な指標です。



社会は人と人との結びつきです。

街があるのも、会社があるのも、学校があるのも、人の結びつきがあるからです。

世界中のおよそ6〜8割の人間は、性格が外向的に振っています。

なので、6〜8割ということは、人口の大部分を構成することになり、

必然的に、ほとんどの人間はコミュニケーション重視です。

また外向型は地域貢献への想いも強いので、子を残そうとします。

外向型には子孫を繁栄させ、社会を維持、発展させるのに大きな役割があるのです。


人と関わる仕事が多いのは、外向型が多いから

ほとんどの職種において、人と関わることが当たり前なのは

数が多い外向型が、働きやすいようにするためです。

事実、人と関わらない仕事はほとんどどころか、全くと言っていいほどなく、

プログラマーのような、人と関わることのなさそうな仕事でも、ある程度のコミュ力がなければ、

クライアントの希望通りの仕事や、痒いところに手が届くサービスをすることはできないでしょうし、

芸術家なども、人と関わることはなさそうですが、

人の心に訴えかける作品を、と思うと、やはり濃密な人間関係からインスピレーションを得なければ、要求もあるかもしれません。

人の仕事って、ほとんどが人の渦の中でやるものなんです。



内向型はコミュニケーション上手

筆者は和食のお店で働いていた

わたしは和食料理店で働いていました。

自分でいうのも何ですが、

最初は「絶対できない!」と思っていたのですが、意外にもわたしのサービスに対するお客様の評判は上々でした。


わたしのような100%内向型でも、接客業で高評価を得ることは出来るのです。

なぜか?

それは人の気持を察する事ができるからです。


内向型はコミュニケーション上手

なんとなく外向型が人と接する仕事に向いていそうですが、

なぜ内向型のわたしが高評価だったのか。

それは、内向型は性格が細やかで、人の気持を察するからです。


実は内向型は、コミュニケーションが上手だと言われています。

自慢じゃないですが、筆者が評価されたのは、気が利く所や、お客様との会話やあしらいが上手かったところ。

よく気を遣い、感情を察するのが得意であれば、高評価されることもあるかもしれないということです。


外向型はコミュニケーション下手

コミュニケーションとはつまり、お互いの会話や感情のやり取りのことですが、

外向型はそういう、人との距離の取り方や会話が下手です。


外向型は、自分から進んでコミュニケーションを取ろうとします。

進んで人と接するまではいいのですが、それがコミュニケーションになっているのかと言えば、そうとも言えず、

相手にとって聞かれたくない所まで、踏み込んで聞くこともあったり、

その場の空気を読めなかったり。

相手の感情の機微を察するのが、外向型は得意ではないんです。


わたしが外向型の人に接した時は、このように感じることがあります。

わたしが内向型だから、余計にそう感じるのかもしれません。


内向的な人のほうが接客業に向いている

とはいえ、内向型は本来、人と関わるのが得意ではありません。

無理をして身体を壊すことだって、ありえます。

わたしがそうでした。

人に気を遣うのに疲れてしまったのです。

結論

人と関わる仕事には、無理なく続けられるという点で、外向型が向いています。

身体が心配ですが、高評価を得られるのは内向型です。

もし、内向型が人と関わる仕事をするなら、根を詰めずに適度に仕事すること。

外向型は、健康面では問題ないですが、人への気遣いを内向型に学ぶこと。


人と接したいから、その仕事に就くのと、人と接する仕事に向いているのかどうかは、全く違います。

まずは、その仕事への適性を考えて、

その仕事に就いたなら、相手の気持を第一に、相手がしてほしいことを考え、

相手に優しさを持って接するのが、その仕事で成果を残す秘訣なんです。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

本書は「内向的性格の人へ向けた独立支援マニュアル」です

うつ病になり、人生を諦めかけていた筆者が独立できたのは、

自分を苦しめていた、この、内向的な性格のおかげでした。

筆者の個人的体験を織り交ぜ、独立に至る道のり、実践的スタート方法を徹底解説。

更に、このマニュアルを読んだ方にのみ限定公開の”秘”マニュアルの存在も。

脱・雇われ人を目指し、一人で仕事をしたい方、必見の虎の巻。

毎月50名様限定

無料お試し進呈中!

限定無料マニュアルを受け取る

第二新卒の転職に、おすすめの転職サイト

内向的な人が転職する時は、親身に相談に乗ってくれる、第二新卒エージェントがおすすめ!

一人あたり平均8時間の手厚いサポート。企業担当による面談対策。幅広い求人のご紹介。内定後、入社後もサポート。

初回2時間の面談でヒアリングから求人紹介まで完了。最短3日で内定獲得の利用者も。

未経験OKの正社員求人も多数取り扱い。取引企業は累計10,000社以上。

10~20代の第二新卒・既卒に特化した就職サポート

もしも辞める勇気がなかったら・・・

退職代行ガーディアンがおすすめ!

退職代行という労働問題において一般法人(株式会社など)と弁護士の強みを”唯一”持つ存在で、

労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を ”唯一”合法的に可能としてます。


低費用、簡単、確実(弁護士法72条で代理交渉権有)

簡単 (弁護士のような職務規定無い)、

低費用(一般法人と同じ人件費水準)、

確実(労働組合法6条で労働者のための代理交渉OK)


本当に20代の味方となれる退職代行。詳しくはこちら!

[確実根拠]憲法/民法/労組法/労基法に基づく最強の退職代行

外部リンク:わたし、向いてないかも?接客業に向いてない人の特徴と解決策

記事をシェアしましょう