内向型が始める輸入業 50名様限定進呈中

自分の意見を言えない人こそ、意見が言えるように成長できる理由

自分の意見を言えない

「意見を求められても、全然しゃべれない・・」

「あの人はなんで、あんなにパッと答えられるんだろう」

意見を言えずに悩んでいる方は、なんで悩んでいるんでしょう。

意見を言えなきゃ言えないで良い理由

自分の意見を言う前に、コミュニケーションを学ぶべき

自分の意見を言えなくて悩んでいる人は、無理して言えなくてもいいと思っています。



会議で自分の意見をスラスラ言えて、なんだか堂々としていて、

そういう人を羨ましいと思ったりするのは、もちろんあります。

でも、スラスラ自分の意見を言える人が、良いとは限りません。

人の気持も全部自分の中で消化して、

そこから自分なりの答えを出せる人が、意見を言える人なんです。



だから、”意見を言える人”というのは、人の話を聞ける人、ということになり、

意見を言うということは、必然的にコミュニケーションができなきゃ出来ない技術、

ということになります。

自分の意見を言えない人は、意見を言える人になれる

意見を言えない人は、意見を言える人になれる可能性を秘めていると思ってます。

「会議中に意見を言えなくて迷ってる、情けない」と感じている方は、

それはきっと、良い状態なんじゃないかと。

”意見を言えない”という人は、この時点では、人の意見を聞くのに精一杯な状態の人です。

決して自分の意見が無いわけじゃないけれど、

言葉を選んで、どうすればその時に出すべき回答を出せるのか。

何と言えば、相手を傷つけないのかを、必死に考えている。

だから「意見を言えない」人こそ、結果的に周りに好かれます。

意見が言えないことは、優しさの証でもあるので、

ゆっくり自分の言葉を自分の中で、醸成すればいいと思います。


自分の意見を言う人には2パターンいる

自分の意見を押し付ける人

スラスラ意見を言える人は、

ともすれば、何でもアケスケに喋って、

相手の気持を考えず、相手を傷つけ、自分だけで楽しんでいる人ともとれます。

つまり、自分の意見を押し付ける人です。



こういう人は、コミュ障です。

本当の意味で意見を言える人は、どんな人の意見でも自分の中で飲み込んで、

自分の中で咀嚼しますが、

意見を押し付ける人は、それをせず、突っぱねます。

人の意見を飲んで、自分の意見とミックスして再構築出来ないということは、

その人の意見は、付け焼き刃の諸刃の剣。

意見があるようで、実はカラッポということです。


本当の意味での意見を言える人は、自分なりのロジックを持っているもので、

経験を経て醸成された、ホンモノの経験則があるもの。

でも、意見を押し付ける人は、人の言葉が飲み込めず、

自分なりに解釈が出来ないので、借り物の意見でしかないんです。

意見を言う人とは、相手の話を聞け、自主性がある人

本当の意味で、自分の意見を言える人は、もともとは意見を言えない人だったのかもしれません。

本当の意味で意見を言える人は、相手の言葉を噛み砕ける人です。



そういう意味ではコミュニケーションが出来る人。

”話”が出来る人です。

そもそも意見って、”話”をした上で出てくるもの。

「意見が言えない」という人は、話が出来ない連中と一緒にいるのかもしれませんね。


加えて、意見がある人とは、自分なりの経験則を持っている人です。

どれだけ自分で考え、動いてきたか。

どれだけ失敗から学んできたか。

つまり、自主的に動いてきた人です。

意見がない人とは、自主的に何かを学んでこなかった人とも言えます。


自分の意見を持つには経験しまくることが大切

自分の”意見”というものは大切ですが、

それを言えずに悩むのは、悪いことじゃありません。

意見を持つために大切なのは、どれだけ経験して、失敗して、

自分なりの解釈や経験則を持てるかということ。

そういう意味では、旅は”意見を言える自分”を作ってくれます。

自分を変えるには”旅”はもってこいです。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

B!ボタンを押して頂けるとうれしいです❤

本書は「内向的性格の人におすすめしたい海外輸入マニュアル」です

うつ病になり、人生を諦めかけていた筆者が一人で輸入を始められたのは、

自分を苦しめていた、この、内向的な性格のおかげでした。

筆者の個人的体験を織り交ぜ、海外ビジネスに至る道のり、実践的スタート方法を徹底解説。

更に、このマニュアルを読んだ方にのみ限定公開の”秘”マニュアルの存在も。

脱・雇われ人を目指し、一人で仕事をしたい方、必見の虎の巻。

毎月50名様限定

無料お試し進呈中!

限定無料マニュアルを受け取る

「自分を好きになるには」なんて、考える時間がもったいない

外部リンク:自分の意見を伝えるときの5つのコツ。最低限これは守っとけ

記事をシェアしましょう