内向型が始める輸入業 50名様限定進呈中

外向型と内向型の性格の違いは、脳の血の流れにあります

different

人間がなぜ外向型・内向型に分かれるのでしょうか。

実は、それは脳科学で証明されているんです。

ゆっこ

外向型と内向型の脳には違いがあります

性格の違いを脳科学的に説明

外向型は感覚の部分に血が流れる

アメリカのある研究者が、内向型と外向型の脳にレントゲンにかけたところ、

血流の多い箇所、少ない箇所がハッキリとわかったようです。

外向型の脳への血流は、

おもに側頭葉、後頭葉といった、

脳の感覚を司る部分に血が多く流れていることがわかりました。

これは聴覚、触覚、視覚などです。

そして、血液が流れる経路は比較的簡単で、

血液がいち早く、脳の箇所に届くのに寄与していました。

血液が速く届くということは、その分素速い速い反応ができるということです。



外向型はコミュニケーションを大切にしますが、

コミュニケーションに置いては素早い反応が必要ですから、

外向型は、素早いコミュニケーションに特化して生まれてきているんです。



ですが、外向型は脳全体への血流が、内向型とくらべて少なく、

あまり深く思考しません。

内向型は思考の部分に血が流れる

一方内向型は、前頭葉、大脳辺縁系、海馬といった、

思考に関する部分に血液が多く流れていたそうです。



そして、それらの部分まで流れる経路は複雑で、

経路が複雑ということは、脳に沢山の血液が行き渡るということで、

内向型は思考に長けていると言えます。



内向型の、言われたことをずっと考えたり、想像を膨らませたりする性格は、

脳の、こうした性質によるものなんです。

ですが、血が長い道を通るということは、その分反応に時間がかかるということで、

外向型のように、会話で素早い返事をするのは苦手です。

D4DR遺伝子について

外向型と内向型に分かれるのは、実は遺伝子に違いがあるからなんです。

それについてはこちらを読んでみてください。

D4DR遺伝子が内向型と外向型に性格を分けるのはなぜ?

自分の得意不得意を知っておかなきゃいけない

外向型には外向型の得意とするところがあり、

内向型には内向型に得意なことがある。

こういうことがわかれば、自分の得意不得意がわかるというもの。

こうした知識を知っておくことが、自分の可能性を広げ、

夢を叶えることになるんです。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

B!ボタンを押して頂けるとうれしいです❤

本書は「内向的性格の人におすすめしたい海外輸入マニュアル」です

うつ病になり、人生を諦めかけていた筆者が一人で輸入を始められたのは、

自分を苦しめていた、この、内向的な性格のおかげでした。

筆者の個人的体験を織り交ぜ、海外ビジネスに至る道のり、実践的スタート方法を徹底解説。

更に、このマニュアルを読んだ方にのみ限定公開の”秘”マニュアルの存在も。

脱・雇われ人を目指し、一人で仕事をしたい方、必見の虎の巻。

毎月50名様限定

無料お試し進呈中!

限定無料マニュアルを受け取る

頭が良い人の特徴は、目的意識を持っていること

外部リンク:欠点でなく長所かも?これからは「内向型」人間の時代

記事をシェアしましょう