内向型が始める輸入業 50名様限定進呈中

やりがいのある仕事を見つける簡単な方法

みなさん、やりがいに踊らされ過ぎだと思います。

それよりも大切なことが、あるんではないでしょうか?

やりがいのある仕事を見つける方法

そもそも、やりがいとは何か

まずやりがいとは何か、について考えてみます。

仕事における「やりがい」とは、「前向きに仕事に取り組んで成果が出ている状態」を指します。

リクルートエージェント 仕事の「やりがい」とは?仕事のやりがいの見つけ方 より

やりがいを感じている状態とは、自分の仕事に成果が出ている状態と、この記事では説明していますが、

自分の出した結果への評価に、自分が満足するかしないかは、人の性格や考え方によって違います。

そこを認識していないと、巷の「あくせく働いてこそ、やりがい」という、謎のバイアスに引っかかり、

あくせく働けば、そのうちやりがいを感じられる、という幻想に踊らされ、

結局身体を壊して、やりがいどころではなくなります。


感謝されるだけじゃ、やりがいにならない

わたしの話をさせて頂くと、わたしは接客経験がありますが、

お客様から感謝されても、正直何とも思いませんでした。

怒られるよりも喜ばれる方が、良いには決まっているけど、

それが果たして、無上の喜びとなって、今まで以上に仕事をやろうと、頑張る起爆剤になるかと言えば、そうではなく、

「だからなんだろう」という風に、感じていました。

だって、感謝されてお給料が増えるわけではないんです。

感謝するならチップの一つもくれていいはず。

何事もモノとしての評価がなければいけません。

感謝しさえすれば、チップの支払いの回避になると、お客さんは考えてたんじゃないかと思うくらい、感謝というものの価値は、私には疑わしいものでした笑。

チップもくれやしないのに「お客様に感謝していただけることが、やりがいであり、最上の喜びです」みたいに、

みんな聖人ぶる気持が、わたしは理解できませんでした。

ここにわたしは、「お客様に感謝していただけることが最上の喜びです」というような人に、ある種の胡散臭さを感じてしまいます。

何が自分を幸せにしてくれるか

仕事をする前に、どんな仕事が自分を満足させるのかを理解しなくてはいけません。

人の輪の中に入って仕事をすることが、良い刺激であり、ドーパミン分泌によって脳が活性化するなら、それは適切な仕事の選択ですし、

顕微鏡を使ってミクロの世界に入り、徹底的に何かの世界に向き合い、ひいては自分に向き合うことが最高の喜びなら、その仕事を選ぶべきです。

つまり、脳が喜べばそれは幸せであり、やりがいなのです



自分のパーソナリティや適正を知り、自分に与えてあげれば、間違いなくやりがいを感じられますし、

それが幸せになります。

そう、やりがいを感じることは、幸せなんです。

やりがいが無いと言う人は、自分をわかってない

「やりがいを感じない」と言う人は間違いなく、まだ自分の適性を見いだせていない段階にいます。

なぜなら、自分の適正を見いだせていないから、その仕事に就いてしまったのであって、

自分について深く考えたことがあったのなら、そんな間違いはしないからです。

だから、やりがいを求める前に、何が自分にあっているのかを考えるとともに、自己分析を始めましょう。

自分はどんな性格なのか、なにをすれば楽しいのかを考えましょう。

やりがいに縛られすぎないこと

「やりがい」という言葉は色んな意味を持っているのにもかかわらず、簡単に使えるために、

人は「やりがい」を一元的な意味に捉えて、求めてしまいがちです。

世間的な「やりがい」の意味は、大手求人サイトなどが喧伝するように、一種のスリルであり、

ハードワーキングと何らの違いはありません。

そして多くの人は、こうした喧伝の結果、「やりがい」を「仕事しまくること」と捉えてしまっています。

これは絶対に間違いです。

先程も言ったとおり、人が何に幸福を感じ「やりがい」を感じるかは人それぞれで、

「働きまくることが正しい」というのは、俗に言う思考停止です。

何も考えないから、結局搾取されるわけです。

やりがい搾取なんて言葉もでてきたくらいです。

働きまくることは、決して全ての人に正しくありません。

ひたすらに動いて、自分を忘れることが幸せな人もいれば、

ひたすら動くことで身体をおかしくする人もいるからです。

なにをすることによって、自分が幸せになれるのかを考えるのが、やりがいを考えるより、先にくるべきでしょう。


やりがいを求めるよりも

人は流れの中にばかり居ると、流れに流されないようにしがみつくのに精一杯で、

自分にとっての幸せを考える余裕が無くなります。

そして、幸せは自分の中に見るもので、人が与えてくれるものではないので、自分で考えなきゃなりません。

「やりがい」は確かに、幸せをもたらしてくれますが、やりがいにこだわり過ぎると、身体も精神も疲れてしまいます。

やりがいよりも先に、幸せを第一に考え、行動するべきです。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

B!ボタンを押して頂けるとうれしいです❤

本書は「内向的性格の人におすすめしたい海外輸入マニュアル」です

うつ病になり、人生を諦めかけていた筆者が一人で輸入を始められたのは、

自分を苦しめていた、この、内向的な性格のおかげでした。

筆者の個人的体験を織り交ぜ、海外ビジネスに至る道のり、実践的スタート方法を徹底解説。

更に、このマニュアルを読んだ方にのみ限定公開の”秘”マニュアルの存在も。

脱・雇われ人を目指し、一人で仕事をしたい方、必見の虎の巻。

毎月50名様限定

無料お試し進呈中!

限定無料マニュアルを受け取る

記事をシェアしましょう