内向的な人の出世を支援するマニュアル 毎月50名様先着プレゼント中!

自分の意見を言えない人が知らないと損すること

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

会議で意見を求められたけど、何も言えない。

なぜ言えないんでしょう?

自分の意見を言えない人の特徴

意見を言えないのはナゼ?

「自分の意見を言えない」という人は多いと思います。

どうして言えないんでしょう?


基本的に日本人は意見を言うのが得意じゃありません。

人に影響を与えることを好まない民族なのです。




ですが、基本的に意見を持っていない人なんていません。

ただ、それを言った後のことを考えるのが怖いのです。

「自信がないから」というのも同様に、言ったあとのことを考えるのが怖いからです。

「意見が言えない」というのは、言い換えれば、

「恥ずかしい想いをするくらいなら、他の人に任せてしまおう」というようなもので、

「意見を言えない」というのは残念ながら、ズルさ以外の何物でもないというのが、今回のお話です。



意見を言わない人はズルい

自分の意見を言えない人は、基本的に無責任です。


当事者であるにもかかわらず、自分は知らんぷりで、何も言わないというのは、相手への配慮も優しさも欠いています。

会議でこういう人と一緒になると、ものごとの責任を全部押し付けられることに。



それに、意見を言わない人達に限って、

決まったことに対して、陰で文句を言ったりします。

意見を出すと、自分の意見に責任を持たなければならないので、

言うだけ損で、めんどくさいと知っているのです。




意見を言えない人というのは、

その場では発言しないわりに、あとから文句を言ったり、注文をつけてきたり、

自分に責任を問われないことがわかっていて、好き勝手言うという、

要は後出しジャンケンの達人でなんです。

ただのズルい人ということです。


意見を言わないのは、後々損

意見を言わないと、人からは価値のない人間だと思われます。

自分が何を考え行動しているのかを、知らせるということは、自分の魅力を高めるので、

何も言わないのは、自分の価値をおとしめるだけで、損なのです。




意見を言えない人は、面倒くさくないようにそろりそろりと、上手くやっているつもりなのかもしれませんが、

実は自分の立場を悪くしているだけで、

自分は自分のためになっていないということに、気づくべきでしょう。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

本書は「内向的性格の人へ向けた独立支援マニュアル」です

うつ病になり、人生を諦めかけていた筆者が独立できたのは、

自分を苦しめていた、この、内向的な性格のおかげでした。

筆者の個人的体験を織り交ぜ、独立に至る道のり、実践的スタート方法を徹底解説。

更に、このマニュアルを読んだ方にのみ限定公開の”秘”マニュアルの存在も。

脱・雇われ人を目指し、一人で仕事をしたい方、必見の虎の巻。

毎月50名様限定

無料お試し進呈中!

限定無料マニュアルを受け取る

第二新卒の転職に、おすすめの転職サイト

内向的な人が転職する時は、親身に相談に乗ってくれる、第二新卒エージェントがおすすめ!

一人あたり平均8時間の手厚いサポート。企業担当による面談対策。幅広い求人のご紹介。内定後、入社後もサポート。

初回2時間の面談でヒアリングから求人紹介まで完了。最短3日で内定獲得の利用者も。

未経験OKの正社員求人も多数取り扱い。取引企業は累計10,000社以上。

10~20代の第二新卒・既卒に特化した就職サポート

もしも辞める勇気がなかったら・・・

退職代行ガーディアンがおすすめ!

退職代行という労働問題において一般法人(株式会社など)と弁護士の強みを”唯一”持つ存在で、

労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を ”唯一”合法的に可能としてます。


低費用、簡単、確実(弁護士法72条で代理交渉権有)

簡単 (弁護士のような職務規定無い)、

低費用(一般法人と同じ人件費水準)、

確実(労働組合法6条で労働者のための代理交渉OK)


本当に20代の味方となれる退職代行。詳しくはこちら!

[確実根拠]憲法/民法/労組法/労基法に基づく最強の退職代行

外部リンク:「自分の意見がない人」認定されないために。原因と5つの対処法

記事をシェアしましょう