内向的な人の出世を支援するマニュアル 毎月50名様先着プレゼント中!

会社の飲み会がつまらない納得の理由

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

わたしは飲み会が嫌いです。

飲み会が楽しいという人間は、自分が酔っ払うのが楽しいのであって、

相手のことなんてどうだっていいのです。

無理して参加して、無理して笑顔作って疲れるなんて馬鹿馬鹿しいですよ?

わたしが飲み会がつまらない理由

「飲み会」

いちいちノリだの何だのと、下らないと思っています。

ただうるさいだけの飲み会が、一体どんなコミュニケーションになると言うんでしょう。


来たくなかった人も強制的に同調させ、

精神的に疲れさせるのみならず、

さらにアルコールで、身体的にも精神的にも疲れさせようとする行為が旧時代的で、私は嫌いです。

私はずっと飲み会が大嫌いで、

何がイヤかというと、ひたすら気を遣うところ。

それはまさしく、普段の仕事の何倍もの疲労です。

それに酒は、人の身体に多大な悪影響を及ぼします。

アルコール分解のために各種ビタミンやミネラルが大量に消費され、

それのくりかえしが、生活習慣病やアルツハイマー、ガンに繋がります

多くの人はアルコールを、コミュニケーションを計るためだとか、

ストレス解消のために、たまに飲み会をやるのは良いのだと、

何かと理由をつけて、アルコール摂取を正しいことのように話しますが、

アルコールはストレス解消どころか、どんどん人の身体を弱くし、

間違いなく寿命を縮めます。


飲み会は、アルコール依存へのきっかけになり、

精神的、身体的に不安定になったところで、

職場や家庭の、くだらない喧嘩や足の引っ張り合いの原因ともなっているのです。

お酒は日本経済に、マイナスな影響を少なからず与えているわけです。



飲み会の現況

マイナビさんの調査

以下はマイナビさんの調査した、外国から見た「飲み会」についてです。

外国人にとっては、日本の飲み会のありかたは賛否両論なよう。

「アメリカは飲み放題・食べ放題が少ないと思います。車文化なので、泥酔が危ないですし。日本の飲み会はみんなで弾ける感じが好きです」(アメリカ・30代前半・女性)

「飲み会文化は嫌いです。会社員にも私生活があり、飲み会の参加に関してのプレッシャーで家族を忘れることに繋がると思います。お酒に励ましを求めるようになり、酔っ払った上司のつまらない話には興味ありません。私の職場には飲み会はありません」(ドイツ・30代前半・男性)

「良くない文化的な所です。私、健康的なタイプなのでお酒を飲まないんです。母国にはそういう習慣はありません」(スペイン・30代前半・男性)

「悪くはないと思いますが、他の活動はないかと思ってしまいます。香港の場合は食事会のほうが多いです。お酒は必須ではありません」(香港・20代後半・男性)

マイナビニュース 日本の職場の「飲み会」文化をどう思う? – 外国人の意見は?

外国人にとっても、飲み会の存在は鬱陶しいと答える人が多数いたそうです。

公私混同しない生活スタイルの外国の人からすれば、

飲み会があることで自分の時間は取れないし、

家族との不仲の原因にもなるし、

飲み会に行くことのメリットを感じないのでしょう。



700年前に吉田兼好も著書「徒然草」にてこのように言っています。

友あるごとには、まづ酒をすゝめ、強ひ飮ませたるを興とする事、いかなる故とも心得ず、飮む人の顔、いと堪へ難げに眉をひそめ、人目をはかりて捨てむとし、遁げむとするを捕へて、引き留めて、すゞろに飮ませつれば、うるはしき人も忽ちに狂人となりてをこがましく、息災なる人も目の前に大事の病者びゃうじゃとなりて、前後も知らず倒たふれふす。

700年前の飲み会の様子がパワハラすぎるとネットで話題に

要約すると、

「無理やりお酒を飲んで、お酒をを飲ませて、面白がることは理解できない」ということで、

何百年前にも、飲み会の存在は理解できないという人が、一定数いたのです。



飲み会はコミュニケーションに必要か?

少し年配の人なら、いわゆる「飲みニケーション」を好みますが、

シラフでも良くありませんか?

部下とコミュニケーションが取りたいなら、会議室でもスタバでも、他にもいいところがあるはずで、

酒を飲ませて、気を遣わせて、具合悪くさせて、疲れさせるのはいかがなものかと。



飲み会に出なきゃ、上司の評価も上がらない。

出世もできないなんて、

むしろそんな、くだらない会社、願い下げじゃないですか?



飲み会に対するそれぞれの考え

飲み会をしたがる人間の心理

飲み会が必要だと言う人が、なぜこんなに多いのかというと、

大半の人が、人との関わりから活力を得ようとするからです。

これを外向的性質と言います。


一定数の人が、飲み会をしたがる理由は、ドーパミンを分泌するためで、

たまに刺激がないと、こういった人達は生きていけないようになっています。


コロナ渦の中、全然外に出られないことが苦痛に感じる人と、

全く苦痛に感じない人がいますね?

家にいるのが苦痛な人は、飲み会が必要なタイプで、

ドーパミンを大量に分泌する機会がないと、体の調子を保てず、生きた気がしないというわけです。




飲み会が嫌いな人間の心理

人との関わりは大きな刺激になります。

それは良くも悪くもです。

刺激が苦手な人にとって飲み会は、精神をすり減らす場といえます。

彼らにとって、大きな刺激は疲れのもと。

人との関わりからエネルギーを貰うことがないのです。




なるべく早く切り上げて帰りたいのですが、

実際は理由をつけて帰っても、後腐れが残ります。

表面上は周りも「用事があるなら早く帰りなよ」とは言いますが、

何で早く帰るんだ」と、誰もが心思っているものです。

自分が早く帰って、他の誰かに白い目で見られるのが、飲み会嫌いな人は嫌なのです。




誰にも嫌な想いをさせたくない。

でも自分も疲れたくない。

そういう葛藤の中で、一定数の飲み会嫌いな人達は、

必死に帰りたいという気持ちを押し殺して頑張っているのです。



飲み会に参加させる圧力について

断れない状況

飲み会参加者を募るのも間違いです。




会社の掲示板に、飲み会の日程が貼ってあると、

「明日の飲み会出る?」というような話、皆がしだすのが、気持ち悪かったのを覚えています。

飲み会参加を、多くの人が迷っているのに、わざわざやる意味はあるのだろうかと。


行く可能性のある人にだけ、ラインとかメールで、内密に知らせればいいし、

「参加したほうがいいのか?」という、いらない気を使わせるのはどうかと思うのです。


飲み会は楽しくない

飲み会が好きな人というのは、

「飲み会」はみんなにとって楽しいものだと、疑いません。


そもそも、私みたいな「必要か不必要か」なんて言う人には、飲み会は不要なのです。

本当に親しい人となら行ってもいいですが。

もしくは「もっと知りたいな」と思える人や、落ち着いた会話が出来る人です。


ただ、下らないノリの、自分らが楽しいだけの飲み会は御免です。

何の実りもない会話ばかりで、

自分の貴重な時間を、無駄に過ごしている気になる飲み会が御免なのです。

「もう帰る」と言って、本気で帰ろうとすると、「信じられない」というような顔をされるし、

気を遣って最後まで残ってあげても、苦痛にしかならないし、

楽しくない飲み会に何時間も、貴重な時間を費やすのは、本当にツライのです。


飲み会が好きな人は大したことない

飲み会が好きな人間なんて大したことないと、私は思っています。

彼らは、ただ自分が酔っ払うのが楽しく、

楽しくない人間にも「楽しいと言え」といわんばかり。

相手の気持なんて、なんにも考えてないのが、本当にありえないのです。


飲み会を断る理由としては、健康上の問題を理由にするのがいいと思います。

「医者から酒を飲んではいけないと言われているんだ」

と言えば、相手も納得するでしょう。

「行きたくないから行かない」と言ったら、飲み会好きの感情を逆なでしかねません。


ここまでお読み頂きありがとうございました。

本書は「内向的性格の人へ向けた独立支援マニュアル」です

うつ病になり、人生を諦めかけていた筆者が独立できたのは、

自分を苦しめていた、この、内向的な性格のおかげでした。

筆者の個人的体験を織り交ぜ、独立に至る道のり、実践的スタート方法を徹底解説。

更に、このマニュアルを読んだ方にのみ限定公開の”秘”マニュアルの存在も。

脱・雇われ人を目指し、一人で仕事をしたい方、必見の虎の巻。

毎月50名様限定

無料お試し進呈中!

限定無料マニュアルを受け取る

第二新卒の転職に、おすすめの転職サイト

内向的な人が転職する時は、親身に相談に乗ってくれる、第二新卒エージェントがおすすめ!

一人あたり平均8時間の手厚いサポート。企業担当による面談対策。幅広い求人のご紹介。内定後、入社後もサポート。

初回2時間の面談でヒアリングから求人紹介まで完了。最短3日で内定獲得の利用者も。

未経験OKの正社員求人も多数取り扱い。取引企業は累計10,000社以上。

10~20代の第二新卒・既卒に特化した就職サポート

もしも辞める勇気がなかったら・・・

退職代行ガーディアンがおすすめ!

退職代行という労働問題において一般法人(株式会社など)と弁護士の強みを”唯一”持つ存在で、

労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を ”唯一”合法的に可能としてます。


低費用、簡単、確実(弁護士法72条で代理交渉権有)

簡単 (弁護士のような職務規定無い)、

低費用(一般法人と同じ人件費水準)、

確実(労働組合法6条で労働者のための代理交渉OK)


本当に20代の味方となれる退職代行。詳しくはこちら!

[確実根拠]憲法/民法/労組法/労基法に基づく最強の退職代行

Summary
Article Name
【真相】決まって飲み会が面白くない8つの理由
Description
飲み会ってバカバカしいですよね。だって疲れに行くようなもんですから。
Author

記事をシェアしましょう