内向型が始める輸入業 50名様限定進呈中

生きづらい内向型の悩みを誰もわかってくれない理由

ikizurai

内向型が生きていくのに大変なのは、内向型の生き方が理解されていないからです。

だから生き方を教えてくれる人もいません。

わたしは内向型ですが、自分の生き方は全部自分で考えてきました。

ゆっこ

今回はわたしのエピソードを主軸にお伝えします

生きづらかった筆者のエピソード

日本が生きづらいのは学校がガンだから

「なんで人にはできて、自分には出来ないんだろう」と、

思うことがあまりに多かったのが、私の学生時代でした。


自信のなさは、学校が原因で出来上がります。

学校の教育スピードや方針はすべての人には合いません。特に内向型には。

外向型は感覚で、社会性をすらすら覚えられるので、問題ありませんが、

じっくり納得行くまで思考して、全てを身につける内向型にとって、

学校の教育スピードの速さは、ついていけない内向型の自信を奪います。

私は学校で、まずつまずいたため、その後の社会生活においても、学校で得た負の感覚はしつこくへばりついたままで、
なにをやっても上手くいかず、結果うつになりました。


生きづらい原因は自分軸を持っていないから

うつになり、いよいよ精神は極限状態となりました。




そんな時に光明って現れるものです。

ユングの提唱した「外向性と内向性」です。



自分を導いてくれる何かを、とにかく求めていたので、必死でこれを学びました。

そうこうして、自分が内向型だと初めてわかったことで、急に自分が変わりだしました。

自分軸が出来たからです。

それからは、うつが一気に良くなり、自分のしたいように出来るようになり、無理して嫌なことには関わらず、

自分らしく生きられるようになったんです。

うつの原因は、自分に合った生き方がわからず、自信持てなかったことでした。


生きづらい内向型の生き方

内向型は一人で生きること

夏目漱石がうつを脱することができたのは、他人本位からの脱却です。

特に内向型にとっては、人に合わせることが大きなストレスとなります。


本来内向型は、誰の影響も受けず、一人で何かをするのが一番良い生き方で、

学校に行き、授業をみんなで受ける必要もなく、みんなで遠足をする必要もない。

学生のうちから、人の影響を受けすぎて、内向型の本来の力は封印され、

他人に合わせるのが正しい生き方だと学んでしまって、ずっと無理をしてしまうのが、

内向型が苦しむ原因です。


人を信用しないこと

わたしは基本的に、人の言うことを信用しません

あまりに周囲との違いを、小さい頃から味わってきた身としては、

安易に人の言うことを信じるのは危険で、自分には当てはまらないと、痛いほど知っているからです。


それに、無思慮に人の言うことを信用するから、不幸が生まれます。

生き方を知らない、子供の頃であれば、人を信用するしかないのもわかりますが、

大人になっても、あっさり人を信用するから、詐欺がなくならないんです。

人を信用する人がいるということは同時に、人を騙す人もいるということであり、

騙す人騙される人は、お互いに共生関係にあるんです。


人を安易に信用しないことが人への警戒心と、謙虚さを生み、より良い関係を築くのに必要なんです。

人を信用しないというのは、なにも悲しいことじゃなく、私なりの人への配慮であり愛です。

自分で生き方を編み出すこと

学校も親も、誰も内向型の生き方を教えてはくれません。

というより、彼らは基本的に外向型だから、知らないんです。内向型のことを。


だから内向型という理解できないものを、彼らは怖がって、なんとか外向型に矯正しようとします

そんな場面をわたしは、学校でも社会でも家庭でも、いたるところで目にしてきました。

私が親なら、子供には「無理して人に合わせようとせず、そのままで生きろ」と教えます。

子供に無理をさせることほど、効率が悪く、無駄なことはありません。

誰もどうしたらいいか知らないから、何も考えずに言われたことの言うとおりにするんですが、

それじゃいけない。

大人が生き方を知らないと、子供も不幸な想いをするだけです。

人の言うことを聞くだけだと、生きづらいのは当然

何度もいいますが、内向型は自分の生き方を、自分で編み出さなきゃいけません。

人に言われてその通りにするんじゃなく、

自分で全ての責任を取る生き方を、内向型はしなきゃならない。

でも、一人でいることを誰よりも楽しめる内向型は、

この生き方が合っているし、楽しめるはずなんです。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

B!ボタンを押して頂けるとうれしいです❤

本書は「内向的性格の人におすすめしたい海外輸入マニュアル」です

うつ病になり、人生を諦めかけていた筆者が一人で輸入を始められたのは、

自分を苦しめていた、この、内向的な性格のおかげでした。

筆者の個人的体験を織り交ぜ、海外ビジネスに至る道のり、実践的スタート方法を徹底解説。

更に、このマニュアルを読んだ方にのみ限定公開の”秘”マニュアルの存在も。

脱・雇われ人を目指し、一人で仕事をしたい方、必見の虎の巻。

毎月50名様限定

無料お試し進呈中!

限定無料マニュアルを受け取る

自己評価が低い人の特徴は人に依存しすぎな理由

外部リンク:夏目漱石は「自分がない」空虚な状態からどう脱したのか?――「自己本位」の発見

記事をシェアしましょう