内向的な人の出世を支援するマニュアル 毎月50名様先着プレゼント中!

視野が狭い人の特徴あるある6選

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

視野が狭い人間って、融通聞かなくて、威張りますよね。

そういう人に限って仕事ができないんです。

視野が狭い人の特徴

組織の人のほとんどは視野が狭くなっている事実

組織で働いている人は、ほとんど全部、視野が狭くなっています。

つまり日本人のほとんどのことです。




働いていると、日々の仕事を片付けるのに精一杯で、

自分自身や周りのことを考える余裕なんかありません。

そりゃそうです、毎日8.5時間オーバーも働いていたら、そんなことできる余裕なんか持てるハズもないんです。

だから自分の身を守るために、だんだん自分の殻に閉じこもるしかなくなる。

自分の殻に閉じこもることは、悪いことじゃないんです。

むしろ、自分の身を守ろうという防御反応なので自然なことであり、正しいコトのようにさえ、感じます。



また、どんなに意思が強くてもダメ。

意思が強くたって、知らず知らずのうちに壊れていってしまう。

むしろ「意思を強く持とう」と言う人に限って、意固地な人間になる可能性が高く、

自分では意思を強く持って頑張っているつもりが、周りから見るとテコでも動かない、何ともめんどくさい、ただの意固地な人間に思われていることも。



人は忙しいと、ストレスから逃れるために、身体にいけないモノに手を出すようにできていて、

体に悪い食べ物、例えば甘味、清涼飲料水を摂りすぎたり、

アルコールを飲みすぎたりして、

だんだん身体をおかしくしていき、その人の本来持っていた良いところを失わせ、

限りなくメタボに近づく人もいれば、だんだん顔色を悪くしていき、うつ病になる人もいる。



それが職場だけでなく、家庭にも波及し、

DVや口喧嘩、絶えない小言、いっつもイライラ、

なにをやっても楽しくないと感じ、

そうしてだんだん、自分の殻の中に閉じこもることになるんです。

日本人なんて、ほとんど99%がこれ。

これも、なにもかも、やりたくないことを必死でやり続けた結果で、

やりたくないことを頑張ることが尊いことだと教えられてきた真面目な人たちが、総じて辿る悲しき道なんです。

そのとき、その他大勢という、悲しい日本人の一人の称号を手にします。






だから、視野が狭くなりたくなければ、自分がやりたいことを、全力でやるしか無い。

大切な人を養うために、やりたくないことをやるストレスで、自分が壊されてしまうという、パラドックスを回避するにはそれしか無い。

やりたいことをやるために、自分の身体に最大限の敬意を払うこと。

やりたいことをやるということは、色んな情報を吸収し、自分のものにしなきゃ潰されるので、つねに心をフラットにする余裕が必要。



やりたいことをやるということは、最も健康的であり、人生にとって有意義であり、

自分の大切な人を、もっとも効果的に大切にする方法だと思っています。組織で働くよりも。


人の気持ちを考えない、考えられない

人は千人いれば、気持も千通り。

そういうことはわかっていても、だんだんわからなくなるのが、

というより、わからなくさせるのが、この世の中ですね。



どういうときにわからなくなるのかというと、自分の目指す道が見えなくなったとき。

組織で頑張っているとき。



勝手にルールを作って威張る

勝手にルールを作る人間、いますね。

小姑みたいなやつです。

そういう奴の作ったルールって、どれもどうでもいいことばかり。

こういう人を見ると、いったい何を大切にしているんだろうと、いつも思うのですが、

なにもないんです。



ねずみ取りとか、獣用のワナみたいなものです。

自分が仕掛けたルールに引っかかった人間を糾弾して、自分を強くしようとする。

家庭内で女がルールにこだわるのは、自分の立場を上げるためですね。


そもそも、自分自身に「生へのプライド」があれば、そんなルールをこしらえる必要なんかないので、

ルールを作る人間は、総じて大したことがないのです。


意見を押し付ける

意見を押し付ける人がコミュ障なのは、

自分の殻に閉じこもったまま、ものを言うからです。



こういう人はすでに疲れ切っているから、殻に閉じこもっているので、

かわいそうだと思って、暖かく見守りましょう。


視野が狭い人は、人生損してる

視野が狭い人って、明らかに人生を損してますよね。

そのままでは、そこから先に何もないということなんですから。

視野を広く持ちましょう。

そして楽しく人生を生きましょう。


ここまでお読み頂きありがとうございました。

本書は「内向的性格の人へ向けた独立支援マニュアル」です

うつ病になり、人生を諦めかけていた筆者が独立できたのは、

自分を苦しめていた、この、内向的な性格のおかげでした。

筆者の個人的体験を織り交ぜ、独立に至る道のり、実践的スタート方法を徹底解説。

更に、このマニュアルを読んだ方にのみ限定公開の”秘”マニュアルの存在も。

脱・雇われ人を目指し、一人で仕事をしたい方、必見の虎の巻。

毎月50名様限定

無料お試し進呈中!

限定無料マニュアルを受け取る

第二新卒の転職に、おすすめの転職サイト

内向的な人が転職する時は、親身に相談に乗ってくれる、第二新卒エージェントがおすすめ!

一人あたり平均8時間の手厚いサポート。企業担当による面談対策。幅広い求人のご紹介。内定後、入社後もサポート。

初回2時間の面談でヒアリングから求人紹介まで完了。最短3日で内定獲得の利用者も。

未経験OKの正社員求人も多数取り扱い。取引企業は累計10,000社以上。

10~20代の第二新卒・既卒に特化した就職サポート

もしも辞める勇気がなかったら・・・

退職代行ガーディアンがおすすめ!

退職代行という労働問題において一般法人(株式会社など)と弁護士の強みを”唯一”持つ存在で、

労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を ”唯一”合法的に可能としてます。


低費用、簡単、確実(弁護士法72条で代理交渉権有)

簡単 (弁護士のような職務規定無い)、

低費用(一般法人と同じ人件費水準)、

確実(労働組合法6条で労働者のための代理交渉OK)


本当に20代の味方となれる退職代行。詳しくはこちら!

[確実根拠]憲法/民法/労組法/労基法に基づく最強の退職代行

外部リンク:視野が狭い。仕事ができない人を劇的に改善する類推7ステップ

記事をシェアしましょう