内向型が始める輸入業 50名様限定進呈中

嫌な過去を思い出して苦しいのは、身体の不調のせいという事実

過去の過ち

過去の失敗を思い出して苦しい時。

筆者はたまにあります。

こういう辛い時は、自分の身体に何が起こっているんでしょう。

ゆっこ

過去を思い出すときは、身体の調子を見てみよう

嫌な過去を思い出しやすいのは、内向型

だれでも等しく、辛い経験をするものですが、

過去の出来事を、どれだけ深く考えるかどうかは、人によって違います。



内向型の人は、特に深く考えがちです。

わたしは、深く考えることは悪いことだとは思いませんが、

とっくに反省も終わって、後は前進するだけなのに、失敗をいつまでも考えるのは、

身体にとって悪影響です。



でも、考えるべきではないとわかっていても、考えてしまうのですよね。

自分の気持ちだけで、抑えられないということは、

病気を疑ったほうが良いのかもしれません。

過去の過ちが蘇るとき

体調が悪い時や精神的に疲れている時になりやすい

疲れているかもしれません


なんで疲れた時に、こういう気持になりやすいのかと言うと、

身体が弱っているときは、体内のウィルスや細菌が活発になり、

身体の防御機構がこれらのウィルスに対峙した時、炎症反応、つまり防御反応となって、

身体に異常を起こすからです。

身体と精神はリンクしているので、マイナスの気分になることも十分考えられます。


季節の変わり目にうつになりやすい理由

季節の変わり目には、うつ病患者が増加します。



「季節性うつ」というものがありますが、

体内時計や気候の変動によって、脳内のセロトニン量のバランスが崩れることによって起こります。



こういう時期に、原因の分からない疲れが溜まりやすいのは、

セロトニン量のバランスが崩れているためで、

この疲れが、うつに繋がります。

過去の嫌な記憶を思い出す時の対処

過去は忘れられないけど、自分の中で区切りをつける

過去に囚われてしまってはいけません。

今の自分は疲れてないか?具合が悪くないか?考えましょう。



過去のことは、もう終わったことだし、

反省もとっくに済んでるハズ。

だから、もういいんです。

辛くなるのだけは、やめましょう。

無理せず精神薬を飲む

頑張る人は、遅かれ早かれ、精神薬を飲むことになります。



精神薬に抵抗がある人もいますが、

あんまり辛い時は、無理せずに飲みましょう。

どんな有名人だって、スポーツ選手だって、

殆どの人は、うつ病です。

知らんふりして、放っておくと、重度のうつになってしまいます。

廃人になってしまうことだけは、避けましょう。

もちろん、飲まないに越したことはありません。


過去の過ちにとらわれるときは、自分が変わる時

過去にとらわれるときは、自分が成長するときです。

なぜなら、炎症反応が起こると、皮が厚くなるからです。

身体が、「このままじゃいけない」と、

現状に警告を発しているのかもしれません。

そういうときは、身体のケアをしっかりして、

あんまり辛ければ、軽い精神薬でも処方してもらいましょう。

大切なのは、無理しないことです。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

B!ボタンを押して頂けるとうれしいです❤

本書は「内向的性格の人におすすめしたい海外輸入マニュアル」です

うつ病になり、人生を諦めかけていた筆者が一人で輸入を始められたのは、

自分を苦しめていた、この、内向的な性格のおかげでした。

筆者の個人的体験を織り交ぜ、海外ビジネスに至る道のり、実践的スタート方法を徹底解説。

更に、このマニュアルを読んだ方にのみ限定公開の”秘”マニュアルの存在も。

脱・雇われ人を目指し、一人で仕事をしたい方、必見の虎の巻。

毎月50名様限定

無料お試し進呈中!

限定無料マニュアルを受け取る

ありのままの自分でいると、人生の成功が得られる理由

外部リンク:PTSD 心的外傷後ストレス障害

記事をシェアしましょう