内向的な人の出世を支援するマニュアル 毎月50名様先着プレゼント中!

仕事でミスばかりする人の特徴5選

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

仕事では必ず、大きなミスをする人がいますね。

今回はミスをする人の特徴についてです。

仕事でミスばかりする人の特徴

小さいことにこだわりすぎる

人は誰でもミスをするものですし、ミスをせずにいることはできません。

ただ、大きなミスをしたり、ミスを連発してしまう人の思考は違っていて、

そういう人は、小さなことにこだわりすぎる傾向があります。


人は、小さなことにこだわっていると、大きなことが見えなくなるものです。

どんなに頭のいい人でも、一度に考えられることは2・3コが限度なので、

小さなことにこだわって、少ないメモリを消費してしまうから、肝心なコトを見逃して失敗するのです。



ミスを恐れすぎる

人はミスを恐れると、ミスに注意を向けるあまり、

やらなければいけない問題を、なおざりにしてしまいがちです。

やるべき問題をやらないまま放置され、大きな問題に発展してしまうのです。

ですので、ミスを恐れずにやることが、大きな失敗をしないコツです


人の粗を探す人

人の粗を探す人も、大きなミスをしがちです。



人の粗を探す人は、人のミスをいつも見ているので、自分こそミスをするのは許されません。

自分が失敗した時に、誰よりも笑いものになるからです。

粗を探す人は、ミスをしないことに対して強迫観念が強く、

その観念が自分にプレッシャーをかけているわけです。



人の小さな部分まで見るということは、

肝心のコトが見えていないということ。

人のアラを探す人こそ、大きなミスをします。



完璧主義

完璧主義の人もミスをしがち。

完璧を求めると、小さなことにばかり注意が向いてしまうのです。


周りの人からは「ヤバイよ」となっている状況にも気づかず、

気付いたときには時遅しで、取り返しのつかない状況になっているというのが、

完璧主義の人です。



テンパってる

いつもテンパり気味の人はミスをしがちです。


慌てている人は、頭の中を色んな考えが占めていて、

頭が常にオーバーフロー状態。

だからミスをするのです。


視野を狭くしないこと

仕事でミスはつきものですが、大きいミスをするかしないかは、人によります。

大きなミスをしたくなければ、小さいことにこだわらないこと。

人の揚げ足を取らないこと。

視界を広くすること。

こうすれば、ミスをしなくなります。

小さなことばかりにこだわっていたら、人生がつまらなくなりますね。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

本書は「内向的性格の人へ向けた独立支援マニュアル」です

うつ病になり、人生を諦めかけていた筆者が独立できたのは、

自分を苦しめていた、この、内向的な性格のおかげでした。

筆者の個人的体験を織り交ぜ、独立に至る道のり、実践的スタート方法を徹底解説。

更に、このマニュアルを読んだ方にのみ限定公開の”秘”マニュアルの存在も。

脱・雇われ人を目指し、一人で仕事をしたい方、必見の虎の巻。

毎月50名様限定

無料お試し進呈中!

限定無料マニュアルを受け取る

第二新卒の転職に、おすすめの転職サイト

内向的な人が転職する時は、親身に相談に乗ってくれる、第二新卒エージェントがおすすめ!

一人あたり平均8時間の手厚いサポート。企業担当による面談対策。幅広い求人のご紹介。内定後、入社後もサポート。

初回2時間の面談でヒアリングから求人紹介まで完了。最短3日で内定獲得の利用者も。

未経験OKの正社員求人も多数取り扱い。取引企業は累計10,000社以上。

10~20代の第二新卒・既卒に特化した就職サポート

もしも辞める勇気がなかったら・・・

退職代行ガーディアンがおすすめ!

退職代行という労働問題において一般法人(株式会社など)と弁護士の強みを”唯一”持つ存在で、

労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を ”唯一”合法的に可能としてます。


低費用、簡単、確実(弁護士法72条で代理交渉権有)

簡単 (弁護士のような職務規定無い)、

低費用(一般法人と同じ人件費水準)、

確実(労働組合法6条で労働者のための代理交渉OK)


本当に20代の味方となれる退職代行。詳しくはこちら!

[確実根拠]憲法/民法/労組法/労基法に基づく最強の退職代行

外部リンク:細かいことまでこだわる人と小さいことは気にしない人 どちらのほうが将来大物になりますか?

記事をシェアしましょう