内向的な人の出世を支援するマニュアル 毎月50名様先着プレゼント中!

内向的な人が人に好かれる4つの理由

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

人に好かれたいという人は、ちょっとストップ。

好かれようとすると、チグハグになって、かえってかっこ悪くなってしまいますよ。

内向的な人が人に好かれる理由

コミュニケーション上手

人に好かれるとは、果たしてどんな人のコトを言うのでしょう。

容姿の優れている人かもしれませんし、

話の楽しい人かもしれません。

しかし、そういう上辺の部分だけで、人は人を好きになるものでもありません。

では、どういう人が、人に好かれる人なのでしょう。



内向的な人

ざっくりいうと、人に好かれる人とは、内向的な人です。




なぜ内向的な人が好かれるのかと言うと、人の側に立って、考えられるからです。

内向型はもともと、人の気持に敏感で、人一倍傷つきやすく、

中には繊細さんとか、HSPと言われる人がいるくらいで、人とのコミュニケーションを苦手としている人種です。



苦手と言っても、それは話が続かないといったたぐいの、「話していてつまらない」ということではなく、

人とのコミュニケーションにより、精神エネルギーが削がれることを、ここでは苦手と定義します。




人との楽しげな会話が苦手なのは、実は人の気持ちを推し量るのが苦手な外向型の方であり、

人の気持を推し量ることができる内向型の、人との会話はまさに一流。


人の表情からつま先にいたるまで、鋭く観察し、

得られた膨大なデータから、その場に最適な会話を、鍛えられた頭から導き出す。

内向型にとっての会話は、感覚でするものではなく、論理的思考によりなされるもので、

感覚を全面に押し出して、自分が楽しむといったことはしません。


内向型のコミュニケーションとは、相手の気持ちや立場があることを前提にして、

ものすごく考えられてなされます。

内向型にとって会話とは、自分のが楽しむためではなく、相手を気遣ってされるものなので、相手に好かれるんです。


気遣いができる

好かれる人は、好かれたくて好かれるように行動しているわけではありません。

好かれようとすれば、あっというまに陳腐なものになり、

好かれるどころか嫌われます。

好かれたいとか認められたいとか、ちょっとでもいやらしさがあれば、だんだん人は離れていくものなんですね。



どういう気持が全面にくれば好かれるのかと言うと、人に優しくする気持ちです。

優しくすると言ってもいろいろで、

この”優しく”の意味を間違うと、とんでもないことになり、

意味を間違えて、ありがた迷惑になっている人も、いないではありません。




例えば「聞き上手」。

聞き上手とは、ただ人の話をウンウン頷いて聞いていることではありません。

会議で一つも発言せず、聞いているだけの人ではありません。

そんなこと言われなくてもわかるかもしれませんが、

人はどうしても、自分が楽な方に走るので、

聞き上手の役回りを良いことに、一つも有益な発言をせず、相手にめんどうな役を全部押し付けてしまう人がいます。

話している方にばかり負担が増え、分断のきっかけに。

これが優しくしているつもりが、かえって人の迷惑になっているいい例です。




優しさとは、相手に負担をかけないことであったり、

相手に厳しくすることであったり、

本当に様々。

この判断は機械や、機械的な人じゃ到底理解できない、人間社会独特のルールです。


ここで、内向型の優れた頭脳が活躍します。

人間ならではの、機械じゃわからない、独特な感覚を理解できるのが、内向型の優れた頭脳です。




内向型は、人が何を好むのかとか、何を求めているのかを即座に判断し、適切な行動をとれます。

その適切な行動の結果として、内向型は好かれるんです。



首を突っ込まない

内向型はあまり人間関係に首を突っ込みませんが、

それも、内向型が好かれる理由でもあります。




こと外向型は、人間社会大好きなので、なんにでも首を突っ込まずにはいられません。

お招きじゃないのに首を突っ込めば、人に嫌な思いをされるのは必定。

それに人との接点が増えるということは、それだけ嫌われる確率も上がるのです。



その点内向型は、決して無用な人間関係や、自分に関係のない、めんどくさいことには首を突っ込まないので嫌われません。

嫌われないことも、トラブル無く過ごすのに大切な技術なので、

この点、外向型の人は内向型に学ぶとよさそうです。


自然体が大切

そもそも、人に好かれることを考えている時点で、人に好かれるワケはないのです。

人に好かれる人の条件が、極めて自然体であること。

自分を作って人に好かれることはないのです。




そういう人のマインドを理解できないなら、まずは多くを経験してみることです。

人の気持ちを理解するのも、知識がないとなしえません。

例えばとある人が、小さい時から苦労していれば、20才そこそこでも、精神的に誰よりも自立しているように、

経験があってはじめて、人の側に立てるのです。




自然体の人も、多くの経験が先立って、自然体でいられるもの。

「自然体、自然体」といいますが、

いつのまにか自然体になれるわけじゃないのです。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

本書は「内向的性格の人へ向けた独立支援マニュアル」です

うつ病になり、人生を諦めかけていた筆者が独立できたのは、

自分を苦しめていた、この、内向的な性格のおかげでした。

筆者の個人的体験を織り交ぜ、独立に至る道のり、実践的スタート方法を徹底解説。

更に、このマニュアルを読んだ方にのみ限定公開の”秘”マニュアルの存在も。

脱・雇われ人を目指し、一人で仕事をしたい方、必見の虎の巻。

毎月50名様限定

無料お試し進呈中!

限定無料マニュアルを受け取る

第二新卒の転職に、おすすめの転職サイト

内向的な人が転職する時は、親身に相談に乗ってくれる、第二新卒エージェントがおすすめ!

一人あたり平均8時間の手厚いサポート。企業担当による面談対策。幅広い求人のご紹介。内定後、入社後もサポート。

初回2時間の面談でヒアリングから求人紹介まで完了。最短3日で内定獲得の利用者も。

未経験OKの正社員求人も多数取り扱い。取引企業は累計10,000社以上。

10~20代の第二新卒・既卒に特化した就職サポート

もしも辞める勇気がなかったら・・・

退職代行ガーディアンがおすすめ!

退職代行という労働問題において一般法人(株式会社など)と弁護士の強みを”唯一”持つ存在で、

労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を ”唯一”合法的に可能としてます。


低費用、簡単、確実(弁護士法72条で代理交渉権有)

簡単 (弁護士のような職務規定無い)、

低費用(一般法人と同じ人件費水準)、

確実(労働組合法6条で労働者のための代理交渉OK)


本当に20代の味方となれる退職代行。詳しくはこちら!

[確実根拠]憲法/民法/労組法/労基法に基づく最強の退職代行

外部リンク:内向的な人と外向的な人の違い

記事をシェアしましょう