内向的な人の出世を支援するマニュアル 毎月50名様先着プレゼント中!

親の「そろそろ自立しなさい」そもそも自立ってどういう意味なのか

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

「自立しなさい」と言われたらどうしましょう。

自立とは何も、家から出ることではないんですよ。

「そろそろ自立しなさい」とは

自立とは

自立とはよく言いますが、

ハッキリと自立の意味を語れる人は、なかなかいません。

自立と言っても、精神自立だったり、経済的自立だったり、

様々な意味を含んでいるわけですが、

母親から「早く自立しなさい」と言われている身としては、自立とはどういう意味なのか、ハッキリしてほしいわけです。




一般的に自立とは、実家から出て一人暮らしを始めることのような気がしますが、

一人暮らしを始めたからと言って、「それで自立ましたか」と聞かれれば、

ほとんどの人は「わからない」と言うでしょう。



一人で暮らしたからと言って、自立したことにはならないのです。

わたしが思うに自立とは、自分でハッキリ分かる状態で、

自立とは、自分で考えて自分で行動を起こせる状態だと思います。

つまり自分で、自分に合った生き方を考え工夫することです。

これができない人が、実はかなり多い。


自立心を奪われる

日本の教育では、自由な意思や思考が奪われます。

自分がこうしたいと思っても「それは難しい」「それは他の人がやっていないから止めたほうが良い」

自分が「こうだ!」と思って発言すると、みんなが笑いものにし、

「あいつはおかしい、あいつはイカれてる」小さな村意識により、自由な発想の芽が摘まれてしまうんです。


それは学校でなくても、家庭でもそう。

子供のしたいことを否定し、皆と同じであることを求める親です。

しかし、高等教育が出来る家庭は、押さえ込む教育の、限界を知っています。

押さえ込む教育が子供の可能性を奪うどころか、却ってその生命にとって危ないということを。




学校教育を受けた日本人は、立派なサラリーマンになり、

学校で実務力と実行力を教え込まれた結果、

ミスのない仕事、空気を読んで察する力を、社会で発揮できるようになった結果、

日本は戦後の荒廃から立ち直り、経済大国になりましたが、

意思を奪われたしわ寄せが今、来ています。



自分で考えるということ

日本人は自分で自由に発想し、自分で考え、生み出す事ができない人が多いのです。

「自分で考える」とは、生み出すことの延長線上であり、いわば創意工夫です。


自分で考えることを抑え込まれると、

「あたりまえ」や、今あることに疑問を向けられなくなります。

誰が作ったのかわからない決まりを、当たり前のように信じ込んでしまうことが、どんなに危ないことか。

そういう「考えられない」という意味での「自立」ができていない人が、あまりに多いのです。


なぜ自立しなければならないのか

なぜわたしが、自分で考えて行動することこそが自立で、大切だと言うのかというと、

それができないと、のちのちに生きていけないくらい、大切だからです。

たとえ一人暮らしを始めても、

自分で考えて生きる力がないと、力及ばずで、食いっぱぐれてしまうのです。




先程、日本人は自分で考えることをしない、と言いましたが、

ちょっと前までのバブル期、高度成長期は、集団就職に乗じていれば、考えなくても生きていけたのです。

しかし、今やそれはできなくなった。

どの職種も先のことは全く不透明だし、コロナがそれに拍車をかけてしまった。

黙って何も考えずに働いていると、あっというまに会社は潰れてしまうか、クビにされてしまうかもしれないのです。


親はのちのちに危ないから、家から出て自立しろと言うわけですが、

その気持もわかります。

ですが、それだけでは精神的な自立には足りないのです。

自分の身の回りの世話をするのも、もちろん大切ですが、それ以上に自分で何かを生み出す力を持たなければ、この時代を生きてはいけない。

それらさえできれば、別に実家から出なくてもいいのです。


目標を持つこと

ですので、自立するには、まずは自由な発想を取り戻さなければなりません。

みんなもともと、自分で考える力を持っています。

人間はもともと動物で、自分で考えて生きられるからです。




そのために必要なのは、目標をもって生きること。

それも大きな目標です。

大きな目標を叶えるためには、自分で考え、自分で行動しなきゃ達成できないので、

目標を持つということは、自立心を養うことであり、生きる力をつけるということです。

だから大きな目標を持ち、日々自分を磨き、

進歩することが、食いっぱぐれないための、1番の方法なんです。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

本書は「内向的性格の人へ向けた独立支援マニュアル」です

うつ病になり、人生を諦めかけていた筆者が独立できたのは、

自分を苦しめていた、この、内向的な性格のおかげでした。

筆者の個人的体験を織り交ぜ、独立に至る道のり、実践的スタート方法を徹底解説。

更に、このマニュアルを読んだ方にのみ限定公開の”秘”マニュアルの存在も。

脱・雇われ人を目指し、一人で仕事をしたい方、必見の虎の巻。

毎月50名様限定

無料お試し進呈中!

限定無料マニュアルを受け取る

第二新卒の転職に、おすすめの転職サイト

内向的な人が転職する時は、親身に相談に乗ってくれる、第二新卒エージェントがおすすめ!

一人あたり平均8時間の手厚いサポート。企業担当による面談対策。幅広い求人のご紹介。内定後、入社後もサポート。

初回2時間の面談でヒアリングから求人紹介まで完了。最短3日で内定獲得の利用者も。

未経験OKの正社員求人も多数取り扱い。取引企業は累計10,000社以上。

10~20代の第二新卒・既卒に特化した就職サポート

もしも辞める勇気がなかったら・・・

退職代行ガーディアンがおすすめ!

退職代行という労働問題において一般法人(株式会社など)と弁護士の強みを”唯一”持つ存在で、

労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を ”唯一”合法的に可能としてます。


低費用、簡単、確実(弁護士法72条で代理交渉権有)

簡単 (弁護士のような職務規定無い)、

低費用(一般法人と同じ人件費水準)、

確実(労働組合法6条で労働者のための代理交渉OK)


本当に20代の味方となれる退職代行。詳しくはこちら!

[確実根拠]憲法/民法/労組法/労基法に基づく最強の退職代行

外部リンク:子どもの自立心をはぐくむためには?家庭での接し方を解説

記事をシェアしましょう