内向的な人の出世を支援するマニュアル 毎月50名様先着プレゼント中!

水掛け論になった時はすぐ譲ったほうがいい理由

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

言った言わないの話になった時は、

”コンマ0秒”で、

こんな話をしても無駄だということに気づきましょう。

そして相手にあっさり勝ちを譲ってあげましょう。

どっちが正しいかを争うのは不毛

言った言わないの話はよくありますね。



「俺は前に言った」だの「私は前に言った」だの、

そういう話になった時は、もはやどっちが正しいかなんてわからない。



言った言わないの話になった時はもう、どっちが正しくてどっちが間違っているのかなんてわからないので、

この際、正解はどちらなんて問題ではないです。

それを”コンマ0秒”で気づくべきです。


水掛け論になったら相手を見てみる

この話になった時は、相手がどんな姿勢なのか、つぶさに見てみましょう。


どちらが平和的に終わらせようとするのか、どちらが譲らないのか。

このへんに注目すると相手の、相手の人間としてのレベルが薄ら見えてきます。


相手が絶対に譲らない姿勢なら「私にひざまずけ」ということです。

たとえ夫婦でも、

「ここいらで相手を屈服させておけば、ちょっとは貸しを作れる」っていう想いはあります。

夫婦とは言え、もともとは他人なので、

完全に相手を信用して、身も心も売り渡すのは止めましょう。


「言った言わない」の解決方法

私たちは高尚な人間であり、動物とは違います。

動物ではなく、知性ある人間なのですから、ちっぽけな問題にムキにならず、

「こんなちっぽけなことで頑張るなよ」と気づかせてあげましょう

ちっぽけな問題を、サッと譲ってあげることが、自分の価値を上げるんです。

ムキになるから、自分の価値を下げるということです。




夫婦とは「自分は価値のある人間」だとわからせることの積み重ねだと思っています。

そういう積み重ねをすれば相手も、「この人の方が上なんだ」とわかってきて、

信頼を置くようになります。

言った言わないの話だけじゃなく、普段の生活でも、余裕ある自分でいるよう、心がけることが大切です。



でも、それで相手が「あいつ、いつもあっさり負けやがる」なんて、いい気になるようだったら、

その相手とはもう終わりです。



所詮その人は、人の優しさや親切心にあぐらをかく人間で、

良い人間関係を築くことができない。

あなたとは同じ土俵に立てる人間ではなかった、ってことです。


お互い赤の他人という認識は、常に持つべき

夫婦生活は長い会話である

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ

人は賞讃し、あるいは、けなす事ができるが、永久に理解しない。

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ

ドイツの哲学者ニーチェがこう言っているとおり、

夫婦とは結局他人同士であり、ずっと理解しえないものなので、対話を重ねなきゃならず、

それは「信用しきる」とは全く別の、尊敬や尊重がゆえの対話の姿勢であるといえます。


「彼(彼女)とは他人で、油断すると寝首を掻かれる」くらいの警戒心は持っているべきです。

そういう警戒心が、相手への敬いになり、

相手への気遣いになり、優しさにもなり、

良い関係を作るのだと思います。

馴れ合いの関係は、あっという間に破滅です。



録音や論破しようとするのは間違い

言った言わないの問題が起こった時に、「録音」や「メモ」をするのは止めましょう。

何かの証拠や論拠を頼りに正論を言おうものなら、人は信用をなくします。

相手をねじ伏せようとしてるのがミエミエですし、

相手にとって、言った言わないの話は一種のコミュニケーションかもしれないのです。

それを相手以上に本気になって、証拠を集めて、相手を潰してやろうとするのは、子供じみています。

「正論バカ」が嫌われるのも、同様の理由です。

証拠を掴んで、

「首を取った」つもりで、良い気になっているようだと、

「言った言わない」で、譲らない人間と同レベルか、それ以下です

ここまでお読み頂きありがとうございました。

本書は「内向的性格の人へ向けた独立支援マニュアル」です

うつ病になり、人生を諦めかけていた筆者が独立できたのは、

自分を苦しめていた、この、内向的な性格のおかげでした。

筆者の個人的体験を織り交ぜ、独立に至る道のり、実践的スタート方法を徹底解説。

更に、このマニュアルを読んだ方にのみ限定公開の”秘”マニュアルの存在も。

脱・雇われ人を目指し、一人で仕事をしたい方、必見の虎の巻。

毎月50名様限定

無料お試し進呈中!

限定無料マニュアルを受け取る

第二新卒の転職に、おすすめの転職サイト

内向的な人が転職する時は、親身に相談に乗ってくれる、第二新卒エージェントがおすすめ!

一人あたり平均8時間の手厚いサポート。企業担当による面談対策。幅広い求人のご紹介。内定後、入社後もサポート。

初回2時間の面談でヒアリングから求人紹介まで完了。最短3日で内定獲得の利用者も。

未経験OKの正社員求人も多数取り扱い。取引企業は累計10,000社以上。

10~20代の第二新卒・既卒に特化した就職サポート

もしも辞める勇気がなかったら・・・

退職代行ガーディアンがおすすめ!

退職代行という労働問題において一般法人(株式会社など)と弁護士の強みを”唯一”持つ存在で、

労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を ”唯一”合法的に可能としてます。


低費用、簡単、確実(弁護士法72条で代理交渉権有)

簡単 (弁護士のような職務規定無い)、

低費用(一般法人と同じ人件費水準)、

確実(労働組合法6条で労働者のための代理交渉OK)


本当に20代の味方となれる退職代行。詳しくはこちら!

[確実根拠]憲法/民法/労組法/労基法に基づく最強の退職代行

記事をシェアしましょう