内向的な人の出世を支援するマニュアル 毎月50名様先着プレゼント中!

内向型に子供を作れと言うのはハラスメント

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

子供を持つべきなのは、子供を持ちたい人であって、

子供を持ちたくない、または持つ必要がない人に対して、子供を作れと押し付けるのは、

ハラスメント以外の何物でもありません。

ゆっこ

わたしは子供を持ちません!

内向型人間に子供を作れと言うのはハラスメントな理由

子供を作るのは殆どが外向型

親と呼ばれる人間のほとんどは外向型だと思っています



その理由を説明する前に、そもそも人は何で子供を作るんでしょう?

理由は以下です。

  • 社会に貢献したい
  • なんとなく出来てしまった
  • 子供を授かることが夢だった
  • 子孫を残すため
  • 親を喜ばせたい



2番めの「できちゃった婚」は論外ですが、

子供を作る大きな理由は社会貢献です。

人間には、子供を作って社会に認められたいという気持ちが少なからずあり、

この点、外向型は特にこの気持が強いんです。



外向型はもともと集団行動をする生き物で、

生物学的には、子供を産んでおけば、敵が襲ってきた時に危険を分散できるし、

数が増えれば、その分集団が絶滅する可能性が低くなる。



外向型にとって集団とは、人生であり、自分とは切っても切り離せないもの。

だから子供を作るのは、外向型向きなんです。

内向型は子供を持つ必要がない

しかし内向型は違っていて、

内向型で子供を持とうという人は、外向型ほど多くないと考えています。


社会は外向型と内向型の二者で運営されていますが、

外向型が社会を運営する側だとすれば、内向型は新しい土地を探しに行く探検家。

狩猟民族が守りに入ってばかりで、狩りをしないとみんな死んでしまうように、

社会も同じで、誰かが新しい価値を作らなければ、みんな死んでしまいます。


その新しいものを探す役割を内向型が担うわけですが、

そこに、子供や他の人間がいたら邪魔になります。

内向型が好奇心旺盛で一人を好むのは、生物学的にはこうした理由からです。

ちなみに、内向型が刺激に弱かったりストレスに弱かったりするのは、敵の気配をいち早く感じ取るためで、

一人でいる以上、危険の一つでさえ命取りになりかねないので、

リスクヘッジの点から、内向型は人一倍ストレスに敏感なわけです。

要は、内向型は生きていく上で、子供を持つ必要が無いんです。


子供を持つことよりも、どうすれば自分が幸せになれるかが大切

内向型の子供がいる人は、

「大人になったら結婚して子供を産んで・・」なんて、子供に教えてはいけません。



子供には選択する権利があるし、

子供を欲しい人がいれば、子供を欲しくない人もいて当然で、

性格が子供を作る向きじゃないのに、将来子供を持つことが義務のように教えられると、

親に孫を見せてあげたいから頑張らなきゃいけない、とか、

精神的な強迫に苦しむことになります。

別に一人や二人、子供を作らなかったと言って、社会的に大した問題じゃないし、

子供よりも何よりも、どうすれば自分が幸せになれるかが大事です。




大きくなったら結婚して子供を作れハラスメントはもう止めましょう。


子供がいらない人もいる。親の都合を押し付けないこと

以上のことから、内向型に世間のルールは通用しません。

子供を持つだけが幸せじゃない理由を、多くの人が知らないのは悲しいことです。

親の都合を押し付けないこと。

世間の都合も押し付けないこと。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

本書は「内向的性格の人へ向けた独立支援マニュアル」です

うつ病になり、人生を諦めかけていた筆者が独立できたのは、

自分を苦しめていた、この、内向的な性格のおかげでした。

筆者の個人的体験を織り交ぜ、独立に至る道のり、実践的スタート方法を徹底解説。

更に、このマニュアルを読んだ方にのみ限定公開の”秘”マニュアルの存在も。

脱・雇われ人を目指し、一人で仕事をしたい方、必見の虎の巻。

毎月50名様限定

無料お試し進呈中!

限定無料マニュアルを受け取る

第二新卒の転職に、おすすめの転職サイト

内向的な人が転職する時は、親身に相談に乗ってくれる、第二新卒エージェントがおすすめ!

一人あたり平均8時間の手厚いサポート。企業担当による面談対策。幅広い求人のご紹介。内定後、入社後もサポート。

初回2時間の面談でヒアリングから求人紹介まで完了。最短3日で内定獲得の利用者も。

未経験OKの正社員求人も多数取り扱い。取引企業は累計10,000社以上。

10~20代の第二新卒・既卒に特化した就職サポート

もしも辞める勇気がなかったら・・・

退職代行ガーディアンがおすすめ!

退職代行という労働問題において一般法人(株式会社など)と弁護士の強みを”唯一”持つ存在で、

労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を ”唯一”合法的に可能としてます。


低費用、簡単、確実(弁護士法72条で代理交渉権有)

簡単 (弁護士のような職務規定無い)、

低費用(一般法人と同じ人件費水準)、

確実(労働組合法6条で労働者のための代理交渉OK)


本当に20代の味方となれる退職代行。詳しくはこちら!

[確実根拠]憲法/民法/労組法/労基法に基づく最強の退職代行

外部リンク:いじめられる側の思考について考察

記事をシェアしましょう