内向型が始める輸入業 50名様限定進呈中

インスタに痛い人が多い理由

痛い人

わたしはインスタをやりません。

わざわざ、人のどろどろした部分を見る必要はないし、見てると疲れるからです。

インスタに痛い人が多い理由

完璧主義な人が多い

インスタをやる人は、完璧主義的な人が多いのではないでしょうか。

自信がない人ほど完璧を目指します。

自信がないとはつまり、自分の中に目標であったり、行動指針がない人です。


自分に目標がなかったり、自信がないと、人は見かけにこだわるようになります。

インスタは手っ取り早く、完璧な自分を演出できる便利な道具ですが、

自信がない人が、こういう便利な道具を使っても、絶対に没個性化するもので、

大勢のライバルを見ている内に疲れて、かえって自信をなくしてしまう人が少なくないでしょう。


インスタグラムをやる人が始めに思い描くのは、よくメディアで取り上げられるインスタグラマーでしょうが、

インスタでなくても、その道で成功する人はみな、無二の個性を持っているものです。

どんな世界でもオンリーワンの個性が成功し、確固とした自分軸を持っている人こそが成功するのが決まりなので、

自分軸がなく、ただ完璧な自分を演出しているだけでは、その他大勢の中に埋もれてしまうのは当然と言えます。


承認欲求

やはりインスタは自己承認欲求がないと始めません。

自分をわざわざ見せる必要のない人は、そもそもインスタをやらないわけで、

インスタグラムを始める動機としては、自分を見てもらいたい欲求が第一にないとおかしいのです。

もしくはインスタを使う人は、仕事上やむを得ず、な人です。



インスタグラムは、写真を自分の好みに合わせて、いくらでも編集が出来ます。

顔色どころか、顔の形さえ変えられるので、見てくれが良いように、いくらでも編集ができ、

手っ取り早く完璧な自分を演出するには、インスタグラムはとても便利なわけです。


なぜ、必ずウザい友達がいるのか

インスタは単なるコミュニケーションツールだ、と言う人もいるかもしれませんが、

便利なものがあれば、自分にとって都合よく使うのが人間。

人間は欲求の塊であり、人に見てもらいたいという欲求がなければ、人間とは言えません。




コミュニケーションのつもりでも、いつの間にか自己顕示に流されてしまうのが人間という生き物。

いかに仲がよく、信頼しあっている友達同士であろうとも、人は自己顕示するので、

それが行き過ぎると、その仲は破錠してしまうのです。

だから、友達同士でインスタをやってる人には、「正直ウザい友達」が必ずいるもので、

インスタグラム上では、行き過ぎた自己顕示の押収により、お互いの仲を悪くすることが容易に起こりうる印象を受けます。




個々の発言が力を増している現代ですが、

自分をどのように発信するかや、発信するツール使うために必要な人間性についての議論や学習は、まだまだ進んでいません。

成長不十分な人が発言すると、発言に責任を持たず言いたい放題になったり、

謙虚さを欠いた、行き過ぎた発言で、結局人を傷つけてしまうことになり、

その繰り返しにより、いわゆるインスタ疲れや、自分が自信を無くすことに繋がるんだと思っています。



まず人間性を磨かなきゃならない

誰でも発信ができる世の中とは言いつつも、

実力や人間性が伴っていない人間が発言しても、誰にも見向きもされないどころか、害にしかならないのです。


自分の発言が人目につくのが簡単な時代ですが、同時に飽きられるのも早く、見限られるのも早い。

こういう便利なものがあるからこそ、第一に磨かなければならないのは人間性で、

確かな人間性なしに便利なものを使うのは、悪い人間に武器を持たせるのと一緒で、害になるのです。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

B!ボタンを押して頂けるとうれしいです❤

本書は「内向的性格の人におすすめしたい海外輸入マニュアル」です

うつ病になり、人生を諦めかけていた筆者が一人で輸入を始められたのは、

自分を苦しめていた、この、内向的な性格のおかげでした。

筆者の個人的体験を織り交ぜ、海外ビジネスに至る道のり、実践的スタート方法を徹底解説。

更に、このマニュアルを読んだ方にのみ限定公開の”秘”マニュアルの存在も。

脱・雇われ人を目指し、一人で仕事をしたい方、必見の虎の巻。

毎月50名様限定

無料お試し進呈中!

限定無料マニュアルを受け取る

外部リンク:今時どうなの?私が見たインスタ女子の闇と痛い行動14選

記事をシェアしましょう