内向型が始める輸入業 50名様限定進呈中

個性を伸ばす方法は、色々な経験を積むこと

individual

個性がないことで悩む人って多いですね。

でも個性の伸ばし方ってなんでしょう?

ゆっこ

個性は頑張れば伸びるものです!

個性とは

個性とは、ありのままの自分のこと

個性の本来の意味は、一人の人間として、今存在していることです。

もともとはそういう意味でした。

”個性が無い”なんてモノはありません。


その人のそのままが個性であり、

今まで培ったその人の話し方、振る舞い方、性格が全部合わさって、

替えの効かない”個性”が出来上がるのです。

でも、今の”個性”ってそういうものじゃなく、如何に自分を主張できるかの、方法です。


奇抜なコトをするのは個性ではない

まず、ヘンな格好をしたり、ヘンな振る舞いをしたり、

人より目立とうとしたり、急に色気づいたりしたりするのは、

ただ魔が差しただけで、

個性ではありません。

この辺を、個性と勘違いしている人が多いですね。


無理やり個性を出そうすると、結果、

ヘンな格好をして街を歩いて、奇異の目で見られて、アホの烙印を押されてしまうことになります。

でも、奇抜なコトをするのも経験

先ほど、奇抜な格好をして街を練り歩くのはアホだと言いました。

確かにアホです。

そんなモノ、見ていて誰も得しないですし。

でも、わたしは、そういう経験を否定しません。

だって、そういう経験をしてきた人も多いハズですから。


そういうアホな経験も、わたしは決して捨てられない経験だと思っていて

後々になって「ああ、恥ずかしいコトしてたな。黒歴史だ」って言うのも、ひょっとしたら活かせられる経験になるかもしれない。

そういう、色々な経験を眠らせておくのではなく、良いものに昇華しようとするのが、人間の強さであり、

個性を作っていける人間だと思うんです。



偉人が、強い個性を持っているのは、沢山の失敗をしてきたからです。

たぶん、アホな格好をしたり、人に迷惑をかけてきたりしたでしょう。

それでも諦めずに、経験を活かそうとしたから今があるんです。

やらないより、やるほうが、価値があるんです。


集団の中にいると無個性になる

そういう意味で、決してやってはいけないのは、

集団の中に埋没することです。


人は集団にいると、人から嫌われることを恐れて、

同調し、自分自身に精神的圧力をかけ、

没個性化していきます。

それって、せっかくの成長の機会を自分でぶん投げているってことなんです。

個性は失敗して、後悔して、恥ずかしい思いをして、伸びていくものですし、

自分から成長の機会を捨てるのは、ヘンな格好で街を歩くよりも、もっと恥ずかしいコトです。



個性を伸ばすには経験を積むこと

個性が欲しいなら、色んな経験を積むことです。

個性って、作ろうという気概があれば、どんどん作っていけるんです。

個性が無いと悩んだ、みんな恥ずかしい思いをして、経験を積んで、

だんだん自分を受け入れられるようになったハズです。



個性がないと悩む事自体は、成長したいという証なんです。


集団の中に埋もれて個性を失って、それでも良しとするのも、

進んで恥ずかしい思いをして、それを繰り返して、経験を積み上げていくのも、

その人の本質です。

後々、後悔しないのは後者だと、わたしは思います。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

B!ボタンを押して頂けるとうれしいです❤

本書は「内向的性格の人におすすめしたい海外輸入マニュアル」です

うつ病になり、人生を諦めかけていた筆者が一人で輸入を始められたのは、

自分を苦しめていた、この、内向的な性格のおかげでした。

筆者の個人的体験を織り交ぜ、海外ビジネスに至る道のり、実践的スタート方法を徹底解説。

更に、このマニュアルを読んだ方にのみ限定公開の”秘”マニュアルの存在も。

脱・雇われ人を目指し、一人で仕事をしたい方、必見の虎の巻。

毎月50名様限定

無料お試し進呈中!

限定無料マニュアルを受け取る

やりたいことがない人はダメ人間になる理由

外部リンク:個性とは何か? 歴史的・哲学的に考える

記事をシェアしましょう