内向的な人の出世を支援するマニュアル 毎月50名様先着プレゼント中!

本当の自分という言葉の意味を解説します

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

「本当の自分」とは何でしょう、どういう意味でしょう?

わたしはこの、意味があいまいな言葉が好きになれません。

本当の自分という言葉の意味

「本当の自分」という言葉はすごくあいまい

「本当の自分」とは何でしょう?

わたしはこの言葉を聞くたびに、気持ち悪くなります。

そんな、あるのか無いのかわからないものに悩むのは、時間の無駄ですし、

そもそも「本当の自分」の意味がわからない。

ものすごく曖昧なんです。




こんな曖昧な言葉を真に受けた人が、

「本当の自分さがし」のために貴重な時間を棒に振るのは、とても気の毒だと思うんです。

「本当の自分」という言葉をはやらせた人には、しっかりと意味を説明する義務があると、思ってしまうほどです。



自分を知ることのメリット

だいたいの「本当の自分」に悩む人は、人前でどう振る舞ってよいのかわからないから、悩んでいるんだと思います。

なぜなら、人間関係が上手く行けば、自分のことで悩まないからです。


人に嫌われたくないから、なるたけかっこよく振る舞って、

明るく振る舞って、

そういった積み重ねが、その人を疲れさせ、ストレスになり、

その結果、「自分がわからない」「本当の自分を知りたい」となるのです。


「本当の自分」とは「自分のパーソナリティ(特性)」のことであり、

特性とは性質のこと。

科学的性質のことです。

自分の悩みも、理屈でどうにかなるんです。

「本当の自分」に悩む人は、自分のパーソナリティを知らないのだと言えます。




自分のパーソナリティを知ると、どんな良いことが起こるかと言うと、

まず、無理なことを無理してやらなくなります。

自分の向き不向きを知っているからです。




無理なことをしなくなると、無理に人間関係を築こうとしなくなります。

つまり、人間関係の取捨選択を、自分の意思でできるようになるんです。




不要な行動、人間関係を背負い込まなくなることで、自由が生まれ、

精神的苦痛から、いくぶん開放されます。

苦痛や疲れから開放されれば、人はさらに成長の機会を得られます。




これらの理由から、人はなるべく早く、自分のパーソナリティについて、

つまり「本当の自分」について、知る必要があるわけです。



自分の知り方

では、自分のパーソナリティについて知るにはどうしたらいいか。



心理学には「内向性と外向性」という理論があります。

内向的と外向的という言葉を、聞いたことがあるのではないでしょうか。

外向性

人間同士の相互作用を楽しみ、あることに熱狂的かつ、おしゃべりであり、はっきりと主張しつつ、また他人と群れることの多い傾向がある。外向性の人は、他の人々の周囲にいることで精力的に活動し、繁栄する。

ウィキペディア 外向性と内向性より

内向性の人々は、心理的なエネルギーが、自己の熟考を通して心身に拡大し、また他人との相互作用の間中ずっとそれは減少してゆく。

ウィキペディア 外向性と内向性より

外向型と内向型を分ける、決定的な違いは、「人間関係」がその人にとって重要かどうかです。

人間関係の捉え方は、両者でまったく違っていて、

外向型は人との関わりがエネルギーになり、

内向型は人との関わりがエネルギーロスになる。


これにより、その人が何かを成そうとするにあたり、

人と協力し合うのがいいのか、

それとも独りでやるほうが良いのかがわかります。

無用な努力をする必要がなくなるわけです。

これを知れば、今まで何をやっても上手く行かなかった人が、

独りで仕事をやるようになってから、何もかもがうまくいくようになった、ということもあるのです。

現にわたしがそうでした。




身の丈を知るとは、自分の限界を知ることじゃありません。

自分の向き不向きを知るということです。

人は限界を決められてしまうと、「わたしの実力はこんなもんじゃない」と、反発しますが、

向き不向きを決められても、嫌な気はしません、

なぜなら、誰にも向き不向きがあることを、誰もが知っているからです。



自分を知ってからが本当の勝負

自分のパーソナリティというのは、案外、簡単に分類できてしまうもの。


自分はどこにも属さない、一個の卓越した個性だと思っている人もいるかもしれませんが、

そう思っているのは自分だけで、

ほぼすべての個性は、過去の有名な心理学者たちによって、すでに分類されてしまっています。

むしろ人は、自分自身を知ってからが大事で、自分自身を知った上でどう動くかで、

ほんとうの意味で、その人の能力が試されます。

そこで、人の成功の成否が分かれます。




自分を知らずに、何かを成すことはできないし、

「本当の自分」を知らない内は、何をしようと思っても、何もうまくいくはずはないんです。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

本書は「内向的性格の人へ向けた独立支援マニュアル」です

うつ病になり、人生を諦めかけていた筆者が独立できたのは、

自分を苦しめていた、この、内向的な性格のおかげでした。

筆者の個人的体験を織り交ぜ、独立に至る道のり、実践的スタート方法を徹底解説。

更に、このマニュアルを読んだ方にのみ限定公開の”秘”マニュアルの存在も。

脱・雇われ人を目指し、一人で仕事をしたい方、必見の虎の巻。

毎月50名様限定

無料お試し進呈中!

限定無料マニュアルを受け取る

第二新卒の転職に、おすすめの転職サイト

内向的な人が転職する時は、親身に相談に乗ってくれる、第二新卒エージェントがおすすめ!

一人あたり平均8時間の手厚いサポート。企業担当による面談対策。幅広い求人のご紹介。内定後、入社後もサポート。

初回2時間の面談でヒアリングから求人紹介まで完了。最短3日で内定獲得の利用者も。

未経験OKの正社員求人も多数取り扱い。取引企業は累計10,000社以上。

10~20代の第二新卒・既卒に特化した就職サポート

もしも辞める勇気がなかったら・・・

退職代行ガーディアンがおすすめ!

退職代行という労働問題において一般法人(株式会社など)と弁護士の強みを”唯一”持つ存在で、

労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を ”唯一”合法的に可能としてます。


低費用、簡単、確実(弁護士法72条で代理交渉権有)

簡単 (弁護士のような職務規定無い)、

低費用(一般法人と同じ人件費水準)、

確実(労働組合法6条で労働者のための代理交渉OK)


本当に20代の味方となれる退職代行。詳しくはこちら!

[確実根拠]憲法/民法/労組法/労基法に基づく最強の退職代行

記事をシェアしましょう