内向型が始める輸入業 50名様限定進呈中

今の仕事が自分に合った仕事かどうかを知るには

workhard

向いている仕事って何でしょう?

それは、自分にとって楽しい仕事に違いないですが、それだけではなく、

一生やっても良いかと思えるかどうかなんです。

合ってない仕事をやっていると?

ストレスがどんどん溜まる

どんな仕事にもストレスはありますが、

やってて楽しい仕事と、ただただこなすだけで、達成感の無い仕事では、ストレスの質は全く違います。

楽しい仕事だと、ストレスは自然に消化できますが、

楽しくなくて、ただ疲れるだけの仕事だと、休日にしかストレスを解消する機会がありません。



仕事は人生を彩るもののはずなのに、

休日にしか、生きがいを感じられないのは悲しいですよね。


異常に疲れて辛い

やたら疲れて、まともに思考できないくらい大変な職場は良くないです。

なんでそんなに働かされるんでしょう?

職場の効率が悪いからです。

そういう会社ほど無駄な仕事が多いものです。

今はいろんなことのスピードが速いですよね。

だから会社としても、ついていかなきゃ死んじゃうわけで、

改善案なんか待たずに、時代のスピードは速くなっていくから、付いていくのに必死。

だから従業員も必死。

そういう感じだと、いずれ会社は疲れて潰れちゃうので、自分の身体を壊す前にサッサと辞めたほうがいいと思います。

自分の将来を考えちゃう

30代とか、若さとベテランの間のような歳になると、自分の将来を考えるようになるものです。

今の仕事は本当に自分のやりたいコトなのだろうか、と。

そのまましがみつくのが良いこともあるでしょうし、そうでないこともあるでしょう。

ただ、その時を逃したら先はないと思って、自分の気持に正直に、自分が何を求めているのかを、真剣に考えましょう。


自分に合った仕事をやっていると

達成感を得られる

自分が達成感を得られる仕事は、楽しいですね。

レベルアップもしていけるでしょう。

自分に合っている仕事=達成感がある仕事言えるんです。

なぜなら、合っていないと達成感なんか感じないんですから。

仕事のストレスを仕事で消化できている

仕事のストレスを仕事で消化できているということは、

ストレス循環の好サイクルができていますよね。

仕事が楽しければ、ストレスは自然と仕事内で消化できるものです。

仕事がしんどいと、プライベートも充実しないもの。

プライベートでストレスを消化しなきゃならないからですね。


自分が一生を賭けたいコトをやれている

自分が一生を賭けたいコトがやれている。

これほどよい状態はありません。

自分が人生をかけてやりたいことを仕事に出来ている=あなたが生涯続けるべきライフワークです。

ライフワークを見つけたらもう大丈夫。

生涯現役の研究者とかお医者さんとか、何かに没頭し、自分を捧げて、

皆さん、自分の中に神様を見出しています。

それさえ見つければ、もう迷わずに、その道をただ突き進むだけ。

定年も関係なく、生涯現役で仕事に没頭できます。

定年退職して、暇を持て余した老人になることもないでしょう。


今の時代、人生を賭けたいコトこそ仕事にすべき

ライフワークを探しましょう。

そしてそれを仕事にする方法を探しましょう。

老人は「好きなことを仕事にできる人間はほんの一握り」と言いますが、

それは、やろうとしなかった人の言うことです。

人生何度失敗しても、諦めなければ、今まで重ねてきた失敗や後悔でさえ、

何物にも代えがたい経験にできるんです。

夢を諦めない執念があれば、自分の経験のすべてを夢の糧にしちゃうものなんです。

それこそが本当のポジティブシンキング。

たとえ向いていない仕事に就いちゃっても、その内それも良い経験になるのです。

自分が諦めなければ。

ただ、時間と身体はすべての人に、等しく有限です。

身体をいたわりながら、自分の将来を見据えて頑張って欲しいんです。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

B!ボタンを押して頂けるとうれしいです❤

本書は「内向的性格の人におすすめしたい海外輸入マニュアル」です

うつ病になり、人生を諦めかけていた筆者が一人で輸入を始められたのは、

自分を苦しめていた、この、内向的な性格のおかげでした。

筆者の個人的体験を織り交ぜ、海外ビジネスに至る道のり、実践的スタート方法を徹底解説。

更に、このマニュアルを読んだ方にのみ限定公開の”秘”マニュアルの存在も。

脱・雇われ人を目指し、一人で仕事をしたい方、必見の虎の巻。

毎月50名様限定

無料お試し進呈中!

限定無料マニュアルを受け取る

やりたいことがない人はダメ人間になる理由

外部リンク:やりたい仕事より向いてる仕事に就くべき?

記事をシェアしましょう