内向型が始める輸入業 50名様限定進呈中

トラブルやストレス無く旅行を楽しむ極意4選

travel

旅行は楽しいものですが、トラブルが起こると楽しさが一変。

それが重大なトラブルであれば、下手したら帰ってこれないこともあります。

そうならず、楽しく旅をするには、何よりも対策が重要なんです。

ゆっこ

わたしはパスポートを盗まれた事がありますよ

旅行を楽しむ極意

本を持っていこう

本は旅のお供に欠かせません。

旅の間って、暇な時間が結構あるもの。

1日中歩いているわけでもないし、疲れてホテルで休んでいる間は、寝る以外にやることが無くなったりします。

そこで本が重要なワケです。



空港の待ち時間などにも本は有効で、

ついつい使いすぎてしまう、スマホのバッテリーの対策として、非常に有効です。



スマホで本も読めますが、

バッテリーを必要としない、紙の本が必要なんです。

「バッテリー」

これが旅の間中ずっと、自分の頭を悩ますことになるんです。


カメラの選択

フィルムカメラ

スマホじゃないカメラを持っていきましょう。



正直、スマホのカメラじゃ、表現力に劣ります。

デジタル一眼?

いやいや、ここはフィルムカメラでしょう。

フィルムって、スマホもデジイチも敵わないくらいの画を吐き出します。

色調も階調も雰囲気も、デジタルのそれとは比べ物にならないくらい、ものすごくキレイで、

適当に撮った写真でも、めちゃくちゃ画になる写真を出してくれます。

未だにプロ中のプロのカメラマンは、デジタルとフィルムを使い分けているって聞きます。

良いカメラじゃなくても全然OKで、

子供の頃に親が運動会で持ってきてた、コンパクトフィルムカメラでも十分、今のスマホを超える写真を吐き出してくれるし、

なんなら写ルンですでも良いくらい。

フィルムカメラ、おすすめです。

X線検査機の問題

フィルムカメラを海外に持っていく上で、注意しなければならないこと。

それはX線検査機です。

フィルムは強いX線を通すと感光してしまいます。

つまり使えなくなります。

だから、検査機に通さないように頼む必要があるんですが、正直無理があります。

他の、フィルムの取扱について紹介しているサイトには、

みなさん「No,X-ray!」と、しっかり伝えて、毎回検査機を回避していらっしゃるようで、感心しますが、

私はそんな、空港に行くたびにナーバスになるような、大変なことはできません。

それに、目的地まで乗り換えるたびに検査機に通して、計10回は通すこともザラにあるので、

そんな状況で、いつも検査機を気にしているのは、せっかくの旅がもったいない。




わたしは英語を話せないわけじゃないですが、

いちいち検査機に通しちゃいけない理由を説明するのが、本当に面倒。

優しそうな人なら聞いてみるコトはありますが、

国によっては、テロを警戒して、マシンガンアサルトライフルを持った人が、

手荷物検査しているところもあります。

フィルムなんて疑われて当然なんです。



そんなところで、「フィルムを通さないでくれ」なんて言えば、

テロリスト予備軍に思われるので、黙っています。

そう、黙って検査機に通します


これはワタシの経験則で、このとおりにやって、もしフィルムがダメになっても責任は取れませんので、

ご自身の責任においてやってほしいのですが、

私は1度の旅行で20回は検査機に通しましたが、問題なく写真は写っていました。



検査機って、最近では随分性能が上がっているらしく、

よほど高感度のフィルムじゃない限り、感光はしにくいようです。

(私は念のためISO100〜400までのフィルムを持っていきました)


向こうは犯罪が多いし、断られることがほとんどで、

それに「伝えなきゃ!」と身構えていると、疲れます。

だから、はじめからフィルムはおまけ程度に考えて行ったほうが、精神的に良いと思います。


パスポートを前ポケットに入れる

わたしはパスポートはパンツの前ポケットに入れて持ち歩きます


パスポートは旅の間、自分を守ってくれる一番大切なモノ。

財布やスマホと違って、そんなに頻繁に出し入れするものでもないけど、

自分の身元を世界中どこにいても証明してくれるのが、このパスポートなわけです。



で、わたしがポスポートを前ポケットに入れて歩く理由は、

パスポートの所在確認と、

盗難対策のためです。



前ポケットに入れて、邪魔じゃないかといわれれば、そんなことはなく、

ズボンのタイプによりますが、ジーンズなんかだと、上手く引っかかって、簡単にポロッと出てしまうことはないですし、

うまいこと外に出ずに収まってくれます。

で、心配症なわたしはいつも、パスポートの在り処を確認していないと怖いので、

前ポケットに有れば、触るだけでパスポートの安否確認ができるので安心です。

これがバッグの奥深くに入っていたりすると、

彼はバッグにちゃんと入っているのか心配になって、何度も確認したくなっちゃいますし、

それにバッグに入れていると、まるごと盗難される危険性だってあります。



パスポートがちゃんとバッグに入っているか、心配ばかりしていると、せっかくの旅なのに、

パスポートの安否にばかり気を取られて、もったいないと言うわけです。

財布を前ポケットに入れる

財布も前ポケットに入れて持ち歩きます。



これもパスポートと同じ理由です。

前述の理由から、基本落とすことはありません。

わたしは、更にこの財布にチェーンをつけておいて、何があっても落とさない状態にしておくのです。

見た目はダサいです。



旅行を楽しむには、トラブル対策をしないといけない

旅のトラブル対策は、最重要中の最重要。

なにせ、他の国へ行ったら、自分を守ってくれる人なんていないんですから。



カッコつけてなんの対策もせず、着替えすら持たず、小さいバッグ一つで海外に行きました、なんて人がたまにいますが、

そんなの、愚行以外の何者でもありません。



人に迷惑をかけるのは、恥ずかしいと思う気持がある日本人なら、全ての対策を取って、旅行に行きましょう。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

B!ボタンを押して頂けるとうれしいです❤

本書は「内向的性格の人におすすめしたい海外輸入マニュアル」です

うつ病になり、人生を諦めかけていた筆者が一人で輸入を始められたのは、

自分を苦しめていた、この、内向的な性格のおかげでした。

筆者の個人的体験を織り交ぜ、海外ビジネスに至る道のり、実践的スタート方法を徹底解説。

更に、このマニュアルを読んだ方にのみ限定公開の”秘”マニュアルの存在も。

脱・雇われ人を目指し、一人で仕事をしたい方、必見の虎の巻。

毎月50名様限定

無料お試し進呈中!

限定無料マニュアルを受け取る

外部リンク:HIS公式サイト

日本とは全然違うパワフルで面白い国3選

記事をシェアしましょう