内向的な人の出世を支援するマニュアル 毎月50名様先着プレゼント中!

学校に行きたくないと言う子供に無理をさせてはいけない

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

子供が「学校へ行きたくない」と言ったらどうしますか?

無理して行かせるか、「行かなくていいよ」と言ってあげるのか。

どちらが正しいんでしょう?

学校に行きたくないと言う理由

みんなで同じことをやる苦痛

学校に行きたくない子の殆どは、内向型です。

なぜなら、学校生活に向いていないから。



かれらは、

集団行動意味がわからない。体育の意味がわからない。起立・礼の意味がわからない。帰りに友達と遊びに行くのがわからない。

修学旅行の意味がわからないんです。

学校教育は、みんなが同じであることを強制します。

大抵の人は、周りと同じ事をするのに抵抗はありませんが、

内向型の子は、みんな一緒に同じことをやる意味がわかりません。


つまらない授業を、みんな一緒に受ける意味がわからないし、

学園祭とかもう意味がわからない

意味を見いだせないコトだらけな学校は、内向的な子にとっては本当に地獄なんです。


内向的な子は気を遣って周りに合わせようとする

内向型は、人にものすごく気を使います。

でも本心は独立独歩で、人に合わせることを嫌います

しかし学校は基本的に団体行動。

自分だけ違う行動を取れば、イジメられることがあるのが学校です。



本当はこんなことやりたくない。自分のやりたいことがやりたい。


そういう気持をセーブできるのも内向型の強みであり、思慮深い点ですが、

人間ですから、いつまでも我慢できないし、

我慢の限界が「学校に行きたくない」なわけです。

誰とも話をしない子は危険

誰とも話さない子って、いませんでしたか?

なんで、誰とも話さないかと言うと、

気を遣って、疲れ切ってるからです。



別にプライドが高いとか、孤独を気取ってるとか、そういうことではありません。

「仲良く」という圧力に耐えられず、

疲れから自分を守るために、孤独という選択しか取れなくなっているんです。

暗いとか、気取ってるとか、周りに勘違いされなら、必死に生きようとしている子がいるんです。


内向的な子供の気持ちは、親にはわからない

親は大体、外向型だから、内向型の子供の気持がわからないんです。



親というものは「社会に認められたい」「人間というものは、子供を作るもの」という考えが、根底にあるから、子供を作ります。

それが外向型で、社会と自分を分けて考えることをしません。


でも、遺伝の都合上、たまに内向的な子が生まれます。

それは親にとって非常に都合が悪い。

だから、親は、子供をなんとか外向的にしようとして、頑張るんです。

学校に行きたくないのは甘えではなく、危ないサインだと知ること

無理して学校に行かせないこと

子どもは無理して学校に行くことしか、他に選択肢が無いので、

そのうちプツッと、我慢の糸がれてしまうかも知れません。




子どもはまだ、処世術を知らないので、

辛くても、我慢するしかないんです。

「それを学ぶのも教育だ」なんて、言ってる人間は最悪。

子どもが学校に行きたくないと言ったときはSOSのサイン。

親が一番最初に子供のSOSに気付くべきです。

子どもがSOSを発した時は、かなり危ないサイン。

犬が死ぬ間際に何も食べなくなるのと一緒です。


学校を変えてあげる

子供をうつにしたくなければ、学校を変えてあげましょう。

定時制なら、多少は精神的に余裕を持たせられるので、内向的な子供にとっては良いかもしれません。

大切なのは、子供に精神的余裕を持たせてあげることです。

学校が原因でうつ病になったら、子供のこれからの人生にとって大変です。



ホームスクーリングというのもあって、

学校に通うのではなく、家で授業を受ける、新しい授業のカタチです。

家庭教師が教えに来たり、インターネットを使った講座があります。

欧州ではすでに、法律で認められています。

日本にも少しですが、ホームスクーリングを提供している会社もあります。


本当に子供を想うなら、子供がやりたいことを

子供の将来を想うなら、学校に行きたくない子に無理して行かせるのではなく、

子供の性格を早い内から知って、適切な教育を受けさせましょう。

子供を想うのなら、子供がのびのびと成長できる環境を与えてあげたいものです。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

本書は「内向的性格の人へ向けた独立支援マニュアル」です

うつ病になり、人生を諦めかけていた筆者が独立できたのは、

自分を苦しめていた、この、内向的な性格のおかげでした。

筆者の個人的体験を織り交ぜ、独立に至る道のり、実践的スタート方法を徹底解説。

更に、このマニュアルを読んだ方にのみ限定公開の”秘”マニュアルの存在も。

脱・雇われ人を目指し、一人で仕事をしたい方、必見の虎の巻。

毎月50名様限定

無料お試し進呈中!

限定無料マニュアルを受け取る

第二新卒の転職に、おすすめの転職サイト

内向的な人が転職する時は、親身に相談に乗ってくれる、第二新卒エージェントがおすすめ!

一人あたり平均8時間の手厚いサポート。企業担当による面談対策。幅広い求人のご紹介。内定後、入社後もサポート。

初回2時間の面談でヒアリングから求人紹介まで完了。最短3日で内定獲得の利用者も。

未経験OKの正社員求人も多数取り扱い。取引企業は累計10,000社以上。

10~20代の第二新卒・既卒に特化した就職サポート

もしも辞める勇気がなかったら・・・

退職代行ガーディアンがおすすめ!

退職代行という労働問題において一般法人(株式会社など)と弁護士の強みを”唯一”持つ存在で、

労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を ”唯一”合法的に可能としてます。


低費用、簡単、確実(弁護士法72条で代理交渉権有)

簡単 (弁護士のような職務規定無い)、

低費用(一般法人と同じ人件費水準)、

確実(労働組合法6条で労働者のための代理交渉OK)


本当に20代の味方となれる退職代行。詳しくはこちら!

[確実根拠]憲法/民法/労組法/労基法に基づく最強の退職代行

外部リンク:ホームスクーリングについて

記事をシェアしましょう