内向型が始める輸入業 50名様限定進呈中

外向的な人のあるあるな特徴7選

gaikou

「外向的な性格です」とは良く言いますけど、

外向的って具体的にどんな性格なんでしょう?

ゆっこ

わたしは内向型ですっ

外向型の特徴

社交的

外向型の人口は8割と言われており、まさに社会を構成する一員です。

彼らはお互いの和を大切にし、概して社交的です。


彼らにとってのコミュニケーションは、お互いの連帯感を強めるものですが、

生物学的にこれは、外敵が襲ってきた時のための予防策であり、

敵の襲来をお互いに知らせ合うためのものです。

地域を大切にする

外向型は自分の地域を大切にします。

生まれた土地でも、引っ越してきた土地でも、

とにかく自分も仲間に加わろうとします。

地域のイベントには積極的に参加し、

街の誰がどうしたとか、地域のニュースにはけっこう敏感です。

生まれながらにリア充

外向型が生まれながらにリア充なのは、生命維持のために必要だからです。



外向型は動くことでドーパミンを分泌させ、生きるエネルギーにするので、

逆に外向型が家で、本を読んで過ごすことは出来ません。

刺激がないと、外向型はうつになります。



逆に内向型は、アクティブに動き続けることは、精神的に疲弊するので出来ません。

内向型にとってのリアル充実は、家で本を読むことなんです。


結婚して子孫を残す

子孫を残して、社会に貢献しようとします。

子供を持つことに抵抗がなく、疑問を持つこともありません。

ルールに厳しい

ルールや秩序に厳しく、破ることは許されません。

また、ルールを破る人間も許しません

ルールや秩序を破ろうとする人間には集団で攻撃することもあります。


目的のないコミュニケーションが取れる

目的のない会話ができます。

これはお互いに気持が通じ合っているかを確かめるのが目的で、

内容に意味がなくても、やってることには意味があります。

お互いに共通点を探して安心しようとしたり、連帯感を強めるためです。


自分=集団の一人

彼らは「社会があって自分が存在する」と信じています。

だから、家を構えて子供を作るのは当然。

自分を一個の人間と考えるより、集団の一員として考えます。

外向的な人は社会を支える役目がある

社会は外向型と内向型の両者がいて、均衡が保たれています。

世の中内向型ばかりで、世の中みんな独立独歩になったら、それはそれでマズイですし、

外向型が10割になったら、みんな右向け右になります。

だから絶妙なバランスを持って8:2に、世界はバランスを取っているのでしょう。

外向型は社会を支えるために頑張りましょう。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

B!ボタンを押して頂けるとうれしいです❤

本書は「内向的性格の人におすすめしたい海外輸入マニュアル」です

うつ病になり、人生を諦めかけていた筆者が一人で輸入を始められたのは、

自分を苦しめていた、この、内向的な性格のおかげでした。

筆者の個人的体験を織り交ぜ、海外ビジネスに至る道のり、実践的スタート方法を徹底解説。

更に、このマニュアルを読んだ方にのみ限定公開の”秘”マニュアルの存在も。

脱・雇われ人を目指し、一人で仕事をしたい方、必見の虎の巻。

毎月50名様限定

無料お試し進呈中!

限定無料マニュアルを受け取る

外向型と内向型の性格の違いは、脳の血の流れにあります

外部リンク:外向型人間が軽視され、内向型が世界を変える【理由とテスト】

記事をシェアしましょう