内向的な人の出世を支援するマニュアル 毎月50名様先着プレゼント中!

性格を決めるD4DR遺伝子について

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

人を内向型と外向型に分けるのは、遺伝子の働きによるものです。

遺伝子というと難しそうですが、自分の性格に悩む人にとって、理屈で悩みの解決法がわかるので、

知っておいたほうが良いでしょう。

内向型と外向型、それぞれに役割がある

人間には、外向型と内向型の2つの性格があり、

人間が絶滅しないために、この2つに別れたのだと言われています。

「日本人は遺伝的に挑戦が苦手」脳科学でわかる国民性を中野信子氏が解説


内向型・・新しい価値を創造し、未開の地を開拓する

外向型・・既存の社会を運営し、秩序を維持、子孫を残す


外向型と内向型の比率は、8割が外向型、2割が内向型と言われ、

それぞれ脳に若干の違いがあり、適した生活環境があります。




内向型・・コミュニケーションに価値を置かない、何でも深く考える、刺激が苦手、クリエイティブ

外向型・・コミュニケーション重視、刺激を欲する、あまり深く考えない、子孫を残すことに積極的



どちらも人間として行うべき役割があり、そこに優劣はありません。

が、外向型の人口は必然的に多いので、

内向型の生き方が理解されない状況は、とても多いのが現状です。


内向型と外向型に分かれるのは、遺伝子が関係している?

性格に関連する遺伝子がある

遺伝子に、D4DRというものがあります。

D4DRは気質を決める遺伝子の一つで、

「新奇性追求遺伝子」(novelty seeking gene)とも呼ばれ、第十一染色体に収められています

D4DRは、脳内の神経細胞と神経細胞の間(シナプス)から、細胞膜の表面まで伸び、

ドーパミンとくっつく準備をしています。

ドーパミンは身体の中で分泌しますが、それをどう受け取るかは、自分の遺伝子次第と言うことです。



このD4DRには長短があり、人によって異なります。

それがいわゆる、性格の違いになるわけです。

この長さが長い人はドーパミン耐性が高くなり、外向型の気質となり、

短い人はドーパミン耐性が低くなり、内向型の基質となります。


外向型が刺激に強いのはドーパミンに鈍いため

ドーパミン耐性が高いということは、少量のドーパミンでは満足できないことを意味します。



人間だれでも、身体の調子を保たなければならないので、

外向型が人との関わりを苦にせず、遊び好きなのは、ドーパミン耐性が高い身体へ、ドーパミンをより多く分泌させて、

生きるためのバランスを整えているのだと考えれば、外向型のアクティブさにも納得がいきます。

日頃から外向型が刺激を欲しがるのは、言ってみれば身体の調子を保つためであります。


以下は全部、外向型がドーパミンを分泌するための行動です。

  • アルコールに依存しやすい
  • 薬に依存しやすい
  • 感情の起伏が激しい
  • 浮気をする傾向
  • 性経験が多い
  • 活発
  • 深く考えない
  • 社会性がある
  • 集団行動をする
  • コミュニケーションが大切
  • 子孫を残そうとする


内向型が刺激に弱いのはドーパミンに敏感なため

ドーパミンに対して耐性が低いということは、少量のドーパミンでも、その人にとっては多いということです


内向型のような刺激に弱い人が、あまり刺激を好まないのは、ドーパミンを過剰に分泌させないためで、

彼らが外向型と違って、人の多いところやアクティビティを基本的に好まないのは、

刺激による過剰なドーパミン分泌を避けることによる、身体の安定のためだと考えると、

彼らの性質にも納得がいきます。


下が内向型の性質です。

  • 不安になりやすい
  • 理性を失うほど、何かに耽溺することはない
  • スリルを求めない
  • 口喧嘩が苦手
  • スピード勝負が苦手
  • 自意識が強い
  • 深く思考する
  • 社会性がない
  • 一人で行動する
  • コミュニケーションを大事だと思わない
  • 子供をほしいと思わない

自分を科学的に見てみること

このように、外向型と内向型を科学的な視点で見てみると、

接し方や嗜好など、色々な気づきが得られます。


ちょっと前までは、人の生き方はほぼ決められていて、

生きづらさを感じていたとしても、それを表に出すことはできませんでした。

それには、職場や学校での「根性」をはじめとした、行き過ぎた精神論や、

こういった、性格についての科学的な理解が、当時はなかったためです。


でも、遺伝子が自分の性格を決めていて、自分に合った生き方が存在すると、皆が知れば、

苦労も悲劇も生まれないのです。

自分の”性質”を知れば、自分に最適な生き方を、早くから選択できるんです。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

本書は「内向的性格の人へ向けた独立支援マニュアル」です

うつ病になり、人生を諦めかけていた筆者が独立できたのは、

自分を苦しめていた、この、内向的な性格のおかげでした。

筆者の個人的体験を織り交ぜ、独立に至る道のり、実践的スタート方法を徹底解説。

更に、このマニュアルを読んだ方にのみ限定公開の”秘”マニュアルの存在も。

脱・雇われ人を目指し、一人で仕事をしたい方、必見の虎の巻。

毎月50名様限定

無料お試し進呈中!

限定無料マニュアルを受け取る

第二新卒の転職に、おすすめの転職サイト

内向的な人が転職する時は、親身に相談に乗ってくれる、第二新卒エージェントがおすすめ!

一人あたり平均8時間の手厚いサポート。企業担当による面談対策。幅広い求人のご紹介。内定後、入社後もサポート。

初回2時間の面談でヒアリングから求人紹介まで完了。最短3日で内定獲得の利用者も。

未経験OKの正社員求人も多数取り扱い。取引企業は累計10,000社以上。

10~20代の第二新卒・既卒に特化した就職サポート

もしも辞める勇気がなかったら・・・

退職代行ガーディアンがおすすめ!

退職代行という労働問題において一般法人(株式会社など)と弁護士の強みを”唯一”持つ存在で、

労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を ”唯一”合法的に可能としてます。


低費用、簡単、確実(弁護士法72条で代理交渉権有)

簡単 (弁護士のような職務規定無い)、

低費用(一般法人と同じ人件費水準)、

確実(労働組合法6条で労働者のための代理交渉OK)


本当に20代の味方となれる退職代行。詳しくはこちら!

[確実根拠]憲法/民法/労組法/労基法に基づく最強の退職代行


記事をシェアしましょう