内向的な人の出世を支援するマニュアル 毎月50名様先着プレゼント中!

内向的人間に人脈はいらない5つの理由

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

わたしは「人脈」と聞くとゾッとします。

なんだか人を利用する感覚で、気持ち悪いのです。

内向型にとって人脈はいらない理由

人付き合いが苦手なのに人脈?

内向的で、人付き合いを避けたい人が、無理して人脈を作る必要はありません。

そもそも人と関わるのが嫌なのに、人脈もクソもないのです。




内向型は外向型に比べて人に気を遣いますし、

人間関係が足を引っ張りかねません。

煩わしい人間関係が、内向型の能力を鈍らせかねないのです。

ですので、内向型の人は、人付き合いを最小限にとどめて、

人付き合いは、本当に仲のいい人と、信用できる人だけにしたいところです。

内向型が余計な人間関係を背負うと、うつになりかねません。


人脈という言葉はタブー

某芸人が”人脈”という言葉を吹聴したことで、

人脈という言葉は、損得勘定で人間関係を見ようとする、こずるい人間の浅知恵になりました。




”人脈”という言葉は、その言葉のパワーと使いやすさゆえ、あっさりと一般大衆に広まります。

いい意味の言葉でも、悪い意味の言葉でも、名前のしれた人間が言うと、一般人は「使って良いんだ」と勘違いし、

大衆の力によって、言葉は意味をさらに強くします。

”人脈”はもはや、悪い意味にしかイメージできず、

人を利用し自分の金儲けのスキルとしての”人脈”を、上手く使った者こそが勝ち組になれる、

というようなイメージを、世間は持ってしまっています。




しかし、本来の”人脈”とは、自分の理念に共感してくれた人と、力を出し合って、良いものを作り上げていくことです。

ですので、人が集まるということは、共感に値するだけの理念が、前提として必ず存在しています。

人脈とは本来汚いものでは無く、共感してくれた人の輪なのです。



しかし、人脈と言う言葉は、誰の耳にもいやらしく聞こえてしまうように、

人脈という言葉を安易に使うのはタブーなのです。

ですので、某芸人は自己顕示欲だけが独り歩きして、そこのところの知性に欠けていたと、言わざるをえないでしょう。



林修先生も「人脈」を批判

林修先生が某番組内で、現代における「人脈」について批判されています。

外部リンク:林修・人脈なんて言葉を使っているやつはクソ!




SNSのいわゆる友達数やフォロワー数によって、人脈は今や可視化できる時代に。

どんな人間も、やはり欲深いので、

だれしも、SNSを使う人間のこころの奥底には、フォロワー数や、フォローしてくれている有名人や境的地位の高い人がフォローしてくれていることを、

アピールしたくなる欲求がある。

それでもって自分に有利なような、状況を作ろうとする。

それがお金であったり、社会的地位であったりするわけです。

現代社会は「人脈」乱用時代で、それが万人に可能になった時代です。

多くの人間がSNSを使っているので、フォロワー数を競い合うのがよいことで、当たり前になってしまっていて、

就活の最終面接で、SNSのフォロワー数がアピールポイントにしてもいいぐらい、フォロワー数のアピールが当たり前になって規きている。




しかし、フォロワー数で、その人の人間としての魅力を測って良いのかというと、まったく違う。

どういう理由でフォロワー数の獲得を目指すのか。

そこのところの追求が最も大事で、

何を考え、何をしたくて、人脈作りを形成しようとしているのか、

自分の考えをしっかり述べられるかどうかが、いちばん大事。

つまり、自分がとことん自分を磨き上げ、そのついでにフォロワー数が増えたという理由が正しく、

人の力を借りるために、フォロワー数を増やしているという理由であっては、絶対にいけないんです。



人脈を第一に考えないこと

人脈はないけど、成功したい!という人は、まず第一に理念を作ることを考えるべきでしょう。




理念とは、自分がどうしたいかです。

はっきりとした理念が見えてくるまでの道のりは大変で、普通の人はなかなか理念を見つけるのは難しいでしょう。

ですが、失敗を重ねていうち、だんだんと自分の進む道が見えてきて、

その道を見据えることが出来たとき、人は自然と集まってくるものです。




でも、そこで無理して人付き合いをする必要はありません。

人付き合いが苦手な人が、「自分がこうしたい」という理念が見えたとき、

自然と「自分ひとりでやる」という、理念が生まれているからです。

そのときは自信を持って、「自分に人脈は必要なく、全部一人でやる」と言えるでしょう。



内向型は人脈が必要ない理由

内向型はもともと一人で行動する人間なので、人脈はあまり意味をなしません。



人付き合いを重視し、仕事をする外向型に対して、

内向型は創意工夫で仕事をします。

ほとんどのコトができる内向型は、能力も優れており、

もともと一人で何かをやる能力に秀でているので、

誰かと一緒に、というのは却って、自分の力を半減させかねません。



何かをやる時は一人で、何か問題が起こった時は自分ひとりで解決。

内向型はそういう人間なので、無理して人脈を作らなくても良いのです。



「無理して誰かと一緒にやらなくても、一人で何とかできる」

そういう想いの強さを、内向型の人は持つべきで、気づくべきでしょう。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

本書は「内向的性格の人へ向けた独立支援マニュアル」です

うつ病になり、人生を諦めかけていた筆者が独立できたのは、

自分を苦しめていた、この、内向的な性格のおかげでした。

筆者の個人的体験を織り交ぜ、独立に至る道のり、実践的スタート方法を徹底解説。

更に、このマニュアルを読んだ方にのみ限定公開の”秘”マニュアルの存在も。

脱・雇われ人を目指し、一人で仕事をしたい方、必見の虎の巻。

毎月50名様限定

無料お試し進呈中!

限定無料マニュアルを受け取る

第二新卒の転職に、おすすめの転職サイト

内向的な人が転職する時は、親身に相談に乗ってくれる、第二新卒エージェントがおすすめ!

一人あたり平均8時間の手厚いサポート。企業担当による面談対策。幅広い求人のご紹介。内定後、入社後もサポート。

初回2時間の面談でヒアリングから求人紹介まで完了。最短3日で内定獲得の利用者も。

未経験OKの正社員求人も多数取り扱い。取引企業は累計10,000社以上。

10~20代の第二新卒・既卒に特化した就職サポート

もしも辞める勇気がなかったら・・・

退職代行ガーディアンがおすすめ!

退職代行という労働問題において一般法人(株式会社など)と弁護士の強みを”唯一”持つ存在で、

労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を ”唯一”合法的に可能としてます。


低費用、簡単、確実(弁護士法72条で代理交渉権有)

簡単 (弁護士のような職務規定無い)、

低費用(一般法人と同じ人件費水準)、

確実(労働組合法6条で労働者のための代理交渉OK)


本当に20代の味方となれる退職代行。詳しくはこちら!

[確実根拠]憲法/民法/労組法/労基法に基づく最強の退職代行

記事をシェアしましょう