内向型が始める輸入業 50名様限定進呈中

営業に向いている人は、遠慮がちな内向型な理由

salesman

こんなお悩みをいただきました。

旅行会社の営業職に就いてから1年半になる23歳男です。

主に飛び込み営業なんですが、私の性格は内向的で、人見知りで、人前に出て嫌な顔をされるのも怖い。

一日に何遍も色んな人に会うのもすごく疲れる。

最近では社用車の中で寝てばかりいます。正直もう営業をやりたくないと思っています。

内向的な人間に営業は合っているのでしょうか。

あっている理由があれば、まだ続ける理由にもなるので知りたいです。

というようなお悩みでした。

ゆっこ

営業か〜大変だよねぇ

営業に向いている人は、外向型・内向型のどちらか

外向型は営業に向いてない

営業マンには外向型が向いているような気がしますね。

相手の懐にどんどん踏み込んで行けるし、仕事も楽しいかもしれません、が、

ずいずい来る人はあまり好かれません。

わたしは前の職場で、そういう人をたくさん見てきました。

最初は結果を出しますが、だんだん相手から鬱陶しがられるので、

何も考えずイケイケドンドンじゃ、いつまでも続きません。

外向型は自己分析が得意では無いようです。


しかし、営業畑の人で、いまだに体育会的な思考をする人がいますが、それは、

思考停止しています。

そういう人方は、昔っからみんなそれでやってきてるから、それが正しいんですよね。

そのやり方で仕事が取れなくても別に良くって、

その人達にとって営業っていうのは身体を動かすのが当たり前で、

諸先輩方がそれでやってきてるから、そのやり方が当たり前で、

それで仕事が取れなくても、それはそれでしょうがないという、思考停止状態に陥ってるようです。

雨の中ずぶ濡れになって、愛想を振り撒きまくって、闇雲にがんばって、それでも仕事が取れなくても、

みんなと同じならそれが正しいんです。


内向型は人に嫌な思いをさせない

内向型は人との距離感をわかっているので、相手に嫌な思いをさせません。

内向型は遠慮がちだし、がめつくないし、営業に向いてなさそうですが、

営業って何かと考えてみると、

人との長期的な関係を築くことです。

お客さんにお金を使わせるだけが営業じゃありません。


そういう点では内向型は、人との関係づくりが大得意ですし、

後々になって、大きく成績を挙げられるんです。


デキる営業マンは売り込まない

出来る営業マンほど売り込みません。

何故かと言うと、売り込まれるほど、人は拒否反応を示すことを、出来る人はわかっているので、

出来る営業マンが、お客さんの心をつかむんです。

体育会系の、イケイケドンドンの営業は実は、全くの逆効果です。


何にも考えず「昔の人も先輩もやってたから」と言いながら、未だにしつこい営業をやってる人は、

残念ながらダメです。

まず話を聞いて、お客さんの理想に合った商品を提案するというのが出来る営業マンで、

内向型はこれができるんです。

ただ、内向型は、人間関係でストレスをためてしまうので、営業職をやるなら体のことを考えなきゃいけません。

内向型の人は、身体の心配を第一に、ほどほどに仕事をしてほしいですね。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

B!ボタンを押して頂けるとうれしいです❤

本書は「内向的性格の人におすすめしたい海外輸入マニュアル」です

うつ病になり、人生を諦めかけていた筆者が一人で輸入を始められたのは、

自分を苦しめていた、この、内向的な性格のおかげでした。

筆者の個人的体験を織り交ぜ、海外ビジネスに至る道のり、実践的スタート方法を徹底解説。

更に、このマニュアルを読んだ方にのみ限定公開の”秘”マニュアルの存在も。

脱・雇われ人を目指し、一人で仕事をしたい方、必見の虎の巻。

毎月50名様限定

無料お試し進呈中!

限定無料マニュアルを受け取る

やりたいことがない人はダメ人間になる理由

外部リンク:営業に向いているのは「悲観的で口下手な人」。営業歴25年、フミコフミオの仕事観

記事をシェアしましょう