内向的な人の出世を支援するマニュアル 毎月50名様先着プレゼント中!

何でもはっきり言う人はコミュ障の可能性がある

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

「わたし、なんでもハッキリ言うから!」と、カッコつけようとする人は、

実は鬱陶しがられていると、認識したほうがよさそうです。

何でもはっきり言う人が嫌われる可能性がある理由

時代遅れ

今の世の中は、ものごとの流れがとても速くなりました。

人の価値観もまた、移り変わり、流行り廃れが激しく、

つねに自分の頭の中をアップデートしていないと、自分の今までの主張が、とたんに陳腐なものにも成りうる、

厳しい世の中です。


以前であれば、1年前の出来事が、そんなに昔には感じられなかったのに、

最近では、5年前の出来事のように、遠い過去に感じられるくらい、

時間の流れが速いのです。

周囲の感覚ではとっくに古い価値観を、自分だけがまだ新しいものと錯覚して、

「これが当然のこと」のように押し付けてしまうと、

逆に恥ずかしい思いをしてしまう、ということもあるということ。



つまり、いい意味でハッキリした人になるには、

あまり小さいことにこだわらず、我を持たず、時流を掴む

意識が必要になってきます。



「自分は何でもハッキリ言います」という自己満

この世の中では、人にはっきりモノを言えることが、その人を素晴らしい人間たらしめます。

いろんな価値観が存在する今の世の中で、自分の主張をするということは、

勇気がありかっこいい、ということになっています。

「ハッキリ主張するのは正しい」と、人は教えられてきます。

ある意味、それは正しい。

主張しなければ、競争に勝てず、自分が埋もれ、

その結果、表面と本心のバランスが取れずに、精神がおかしくなってしまうからです。



しかし、「ハッキリ言う」とはどういうことなのか、ほとんどの人がわかっていない。

わかっていないために、余計な紛争を起こしたり、一人で空回りしたり、

裸の王様状態の人がいるのも事実。



基本のコミュニケーション力がないと、「正しくハッキリ言う」ことは、できません。

ハッキリ主張するには、人との対話の中で、

自分の主張を、主軸を持ちつつも変化させ、

人に悪影響を与えない程度に伝える技術が、必要なんです。


コミュニケーション力が必要

主張とは、コミュニケーションの中でなされるもので、

主張はコミュニケーションなしにはできない。

主張するにはコミュニケーション力が必須なのは当然なのです。


主張はコミュニケーションありきと考えると、相手にストレスを与える主張の仕方は絶対ダメ。

「自分はハッキリ言ってます」という、虚栄心のようなものがチラつくと、その主張は途端に陳腐なものに。

相手が「鬱陶しい」「がんこ」と感じるのは、そういう「なんちゃってハッキリ言う人間」なのです。


「自分は主義主張がはっきりしていて、誰にも寄りかからない」

「わたしは何でもハッキリ言うから、ごめんね!」

このような態度も、周りから見れば、

ただの「ウザい人間」になってしまっていることも。

カッコつけて冷たくあしらったり、何に対しも声高に叫ぶ人が、ハッキリした人ではありません。

そういう人こそ、ただの鬱陶しい人にすぎません。



つまり良い意味でハッキリ主張できる人になるには、

謙虚になる

姿勢が必要になってきます。



良い意味でハッキリした人

ハッキリしているという自覚がない

実は「いい意味でハッキリした人」とは、自分がハッキリしているという自覚がないものです。

「いい意味でのハッキリ」とは、その人の奥底からにじみ出るもの。

つまり、ハッキリした人というのは、確かな自我があるということです。


いい意味でハッキリした人は、今まで培ってきた経験則に裏付けされた、確かな実力や、堂々とした態度があるもので、

冷たくあしらったり、人の気持ちも考えず、自分の考えだけで物事を断じる人とは全く違い、

人の話を聞き入れ、すべて受け止めてくれるような、包容力のある人が、ハッキリした人間なのです。


はっきり言う人は優しい

「いい意味でハッキリした人」は、決して自分の発言で人を傷つけません。



いい意味でハッキリ言える人は、言葉の重みというものを理解しています。

発言は大事だと理解している一方で、自身の発した言葉が相手を容易に傷つけることもある、ということを。

よって、言葉の選択が重要になりますが、

良い意味でハッキリ言える人は、自分の経験、すなわち引き出しをたくさん持っているので、

その場面に最適な、相手にとって最適な言葉を選び出すことができます。


決まりきった、通り一遍等な発言はせず、

何がその場面にもっとも似つかわしいのか、自分の経験に照らして繰り出せる。

つまり、ハッキリ言える人とは、人生経験豊富ということです。



変化を受け入れる

いい意味で意見をハッキリ言える人は、変化や流行を受け入れます。

芸能人の大御所、明石家さんまさんは、

一時期はやった、某漫画に誰よりもハマったそう。

明石家さんまも「鬼滅の刃」にハマった!? 次長課長・井上が「ねずこが可愛くて仕方がないそうです」明かす



芸能人という職業上、流行に敏感なのは必要な感覚なのかもしれませんが、

それでも、さんまさんの感覚の鋭さや、柔軟さを感じるエピソードです。


なぜ明石家さんまさんを引き合いに出したのかというと、

さんまさんは、ハッキリモノを言える自我をお持ちで、人に優しく、かつ流行に合わせる柔軟性も併せ持っていて、

ハッキリモノを言える人というのは、あくまで謙虚であるということです。

謙虚さとは人の世で生き残っていく、ある意味、”実力”でもあるのです。



悪い意味でハッキリ言う人

意見をぶつける人

意見をぶつける人(悪い意味でハッキリ言う人)は、人の意見を聞きません。


こういう人は、自分の価値観が傷つくのが怖く、言葉で壁を作ります。

しかし、ひとたび自分の自意識が打ち砕かれると、あとは悲しいもの。

そこからなかなか立ち上がることができないのが、表面上だけ強気に出ている人なのです。

早い話が、コミュ障なのです。

コミュニケーションを学ぶにはこちらをご覧ください。


ハッキリ言うことに憧れているだけの人

意見をハッキリ言う人像に、盲目的に憧れ、

「ハッキリ言う」とはどういうことなのか、わからないまま、格好をつけることばかりが先に出ている人。

表面だけ見て、言葉の奥を見ないところに、その人の人間性の未熟さが見えてきます。



喧嘩自慢が、しょせん喧嘩自慢の域を出ず、本物の格闘家にかなわないのと一緒で、

表面上の強さを、本当の強さと勘違いしているのです。


サバサバ系な女性

本当にサバサバした女性というものは、自分の存在を誇示ようとはせず、

それどころか謙虚あり、

人の気持を汲み、絶対に人を傷つけようとしません。

自分を誇示せず、あくまで普段通りでいられる女性が、ほんとうの意味でのサバサバした女性です。

ニュートラルな状態であることが、力を出せるということを、本当のサバサバ女性はわかっているのです。



求められた答えにしっかり答え、必要な場面で必要な分だけしゃべり、

常に他人の立場に立ち、謙虚である女性ーー。

実際、そういう人間であるには、それなりの経験値が必要になってきます。

サバサバしたいと思ったなら、経験値を積むことです。


「あたし、なんでもハッキリ言うから」と、思慮なくズバズバ言って、自分の立場を上げようとする女性は、

実際、ただの「鬱陶しい人」であり、未熟な人。

鬱陶しいとは「ねちっこい」と同義のようなもので、

そういう人はサバサバとは対極の、いわば「器の小さい女性」であると、

自称サバサバ系女性は認識したほうがいいでしょう。



はっきり言える人になるよりも謙虚に

「意見をハッキリ言おう」と、カッコつけようとする前に、

まず人の話を聞きましょう。

謙虚になりましょう。

流行を追いかけ、陳腐にならないよう努力をしましょう。

そうして初めて、ハッキリした人になれるのです。


無理に意見を言おうとする人より、何もしゃべらない人のほうが、よほどカッコイイものです。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

本書は「内向的性格の人へ向けた独立支援マニュアル」です

うつ病になり、人生を諦めかけていた筆者が独立できたのは、

自分を苦しめていた、この、内向的な性格のおかげでした。

筆者の個人的体験を織り交ぜ、独立に至る道のり、実践的スタート方法を徹底解説。

更に、このマニュアルを読んだ方にのみ限定公開の”秘”マニュアルの存在も。

脱・雇われ人を目指し、一人で仕事をしたい方、必見の虎の巻。

毎月50名様限定

無料お試し進呈中!

限定無料マニュアルを受け取る

第二新卒の転職に、おすすめの転職サイト

内向的な人が転職する時は、親身に相談に乗ってくれる、第二新卒エージェントがおすすめ!

一人あたり平均8時間の手厚いサポート。企業担当による面談対策。幅広い求人のご紹介。内定後、入社後もサポート。

初回2時間の面談でヒアリングから求人紹介まで完了。最短3日で内定獲得の利用者も。

未経験OKの正社員求人も多数取り扱い。取引企業は累計10,000社以上。

10~20代の第二新卒・既卒に特化した就職サポート

もしも辞める勇気がなかったら・・・

退職代行ガーディアンがおすすめ!

退職代行という労働問題において一般法人(株式会社など)と弁護士の強みを”唯一”持つ存在で、

労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を ”唯一”合法的に可能としてます。


低費用、簡単、確実(弁護士法72条で代理交渉権有)

簡単 (弁護士のような職務規定無い)、

低費用(一般法人と同じ人件費水準)、

確実(労働組合法6条で労働者のための代理交渉OK)


本当に20代の味方となれる退職代行。詳しくはこちら!

[確実根拠]憲法/民法/労組法/労基法に基づく最強の退職代行

記事をシェアしましょう