内向的な人の出世を支援するマニュアル 毎月50名様先着プレゼント中!

【納得】内向的な性格は長所な理由

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

「外向的になりたい」と思っても、内向的性格は直るものではありませんし、

直そうとするよりも、活かさなければなりません。

内向的性格は弱点なのか

内向的性格が弱点だと言われる理由

世間の価値観的には、外向的であることが良しとされています。

組織でも学校でも、どんな社会でも外向性が求められるのは、

内向的であることは何のためにもならず、組織や社会にとって良いことを何ももたらさないと思われているからです。

外向型と内向型の人口に見る構成比は8:2ほどであり、

外向型が組織に必要とされる理由としては、人口が多い外向型が組織に入るほうがトラブルがないからであり、

かんたんに気持ちが通じ合うからだということは、この構成比から明らかです。



また、世の中のエンターテインメントのほとんどは刺激物であることも、社会は外向型のための社会だということを表しています。

それが証拠に、カラオケ、バー、居酒屋、ゲームセンター、SNS、といった遊びは、人との関係をより密にします。

ですが内向型にとって、これらの遊びは刺激が強すぎます。


内向的な人は自分の気持を隠し、相手に合わせるのが得意なので、はじめは頑張って相手に合わせますが、

無理な振る舞いを重ねているうち、ストレスや疲れを抱えてしまい、

自分の本心と事実との間に立たされて、孤独を感じたり、我慢がならなくなるわけです。



生まれ持った個性が大事

子供は生まれたときから、親に生き方を制限されて育ちます。

親は子供が内向的であれば、外向的になるように育てようとし、子供をあるがままに育てようとしません。




親がこのように子供を育てる理由は、ひとえに親の知識不足と、親の没個性さゆえです。

親も人の子で、社会的に問題ないように子供を育てようとするわけですが、これが全く間違いで、

抑圧されて育った子供に、個性など生まれるはずもなく、

自由な発想も生まれてきません。




社会の決まりごとは、すべての人に正しいわけではありません。

社会のルールというものは、全ての人の意見を足して、その数で割ったようなモノなので、すべての人に正しいワケはなく、

間違いなく、個人レベルで考えたときにルールは合わず、

それを、さも正しいことのように子供に押し付けて、生まれ持ったものを矯正しようとするのは正しくはありません。


外向型と内向型を分ける点

この記事をお読みの方は、そんなに簡単に外向型と内向型の2元論で、人を分けられるはずはないと思われるかもしれませんが、

わたしは分けられると思っています。


外向型か内向型かとうかは、社交性の違いだけで決められるものではなく、

自分が存在するために、他者を必要とするかどうかや、

自分の社会との関わり方で決められるべき、だと思っています。




つまり、会社で頑張るのは、自分を認めてもらいたいからとか、

親のために子供を作るとか、

地域の人たちを大切にするとか、

社会があって自分がある、と考えるかどうかが、外向型と内向型を分けると思っています。


ほとんどの人(8割)は、自分を認識するために社会が必要なのです。

会社に文句を言いつつも会社に行き、認めてもらいたいと頑張るのは、その人が外向性ゆえであり、

親のために子供を作ったり、自然と子供がほしいと思えるのも、社会に貢献しようとする、外向的性質があるからです。

こう考えると、自立した自我を持って、社会から多少の距離を保ち、

本当に自分自身にフォーカスできる、内向型という人種の数は、本当に少ないのです。


内向的な性格は長所である理由

内向型は頭が良い

全ての個性には良いところがあり、悪いところもあります。

内向的性格も同じで、悪いところばかりに目を向けずに、良いところを見る必要があります。




例えば、内向型の良さの一つに、頭脳の明晰さがあります。

内向型は、脳の中枢である、海馬、前頭葉といった、思考、計画、記憶、学習を司る部位への血流が、

外向型よりも多いことがわかっています。

また内向型は、考えることで分泌され快感を得る、神経伝達物質であるアセチルコリンを、外向型よりも多く分泌することも判っていて、

これにより内向型が、深く学習をして快感を得るという好サイクルのおかげで、

絶え間ない学習を無意識に実行できているというワケです。




そして、内向型のもっとも重要な特徴としては、とことん自分の意識にフォーカス出来る点で、

内向型は強い自我を持ち、全てにおいて自分の興味を優先します。

なにをするにもまず「自分」が先であり、「人の為に」はプライオリティ2番目以降です。

社会的には「人のために」が1番に来るはずですが、内向型はそうではなく、

自分が自分のために頑張ることが、社会のためになると考えており、

直接的に社会のために頑張ろうとする外向型とは、アプローチの仕方もベクトルも違うのです。

内向的な人に研究者や、起業家が多い理由にはこうした脳の働きが、少なからず関係しているというワケです。

外部リンク: 「内向的」「外向的」は脳の仕組みからして違う ナゾロジー


内向型は精神的に自立している

また、内向型の良さの一つに、人と群れない点も挙げられます。


頭がいいということは、人と群れないことと同義と言っても言い過ぎではありません。

能力が高い人が人と群れないのは精神的に自立し、自我が確立しているからであり、

人と群れることは、自分の能力がそがれるコトを意味します。




普通人は自分の力を補いあうために、人と行動しますが、

内向型は能力が高いため、人と群れる必要は無いのです。


内向型の能力を活かせる環境に行くべき

こうした内向型の能力をわかっていれば、無理をしたり、

自分に合わない生き方をしたりせずに、自分の個性を活かした生き方ができるワケです。


「外向的性格になりたい」と思っているのは、無理をしているからであり、

一度組織から抜け出してみると、そう思うはずも無いのです。

内向型が無理をして組織にいたりすると、病気になります




人間、無理をし続けられるものではありません。

「性格を変えたい」と真面目に考えるよりも、逃げてしまう方が健康に良いし、

結果的に自分の能力を活かせるのです。

内向型は誰よりも能力があるのに、それを押し殺して、周りに合わせるなんて、もったいない以外の何物でもありません。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

本書は「内向的性格の人へ向けた独立支援マニュアル」です

うつ病になり、人生を諦めかけていた筆者が独立できたのは、

自分を苦しめていた、この、内向的な性格のおかげでした。

筆者の個人的体験を織り交ぜ、独立に至る道のり、実践的スタート方法を徹底解説。

更に、このマニュアルを読んだ方にのみ限定公開の”秘”マニュアルの存在も。

脱・雇われ人を目指し、一人で仕事をしたい方、必見の虎の巻。

毎月50名様限定

無料お試し進呈中!

限定無料マニュアルを受け取る

第二新卒の転職に、おすすめの転職サイト

内向的な人が転職する時は、親身に相談に乗ってくれる、第二新卒エージェントがおすすめ!

一人あたり平均8時間の手厚いサポート。企業担当による面談対策。幅広い求人のご紹介。内定後、入社後もサポート。

初回2時間の面談でヒアリングから求人紹介まで完了。最短3日で内定獲得の利用者も。

未経験OKの正社員求人も多数取り扱い。取引企業は累計10,000社以上。

10~20代の第二新卒・既卒に特化した就職サポート

もしも辞める勇気がなかったら・・・

退職代行ガーディアンがおすすめ!

退職代行という労働問題において一般法人(株式会社など)と弁護士の強みを”唯一”持つ存在で、

労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を ”唯一”合法的に可能としてます。


低費用、簡単、確実(弁護士法72条で代理交渉権有)

簡単 (弁護士のような職務規定無い)、

低費用(一般法人と同じ人件費水準)、

確実(労働組合法6条で労働者のための代理交渉OK)


本当に20代の味方となれる退職代行。詳しくはこちら!

[確実根拠]憲法/民法/労組法/労基法に基づく最強の退職代行

記事をシェアしましょう