内向型が始める輸入業 50名様限定進呈中

「いじめられる側も悪い」は、いじめる側の言い分

いじめられる側は悪くない

いじめはどんな理由があっても、絶対に許しちゃいけません。

ましてや「いじめられる側にも問題がある」なんて嘘。

理由なく傷つけられている人間のどこに、いじめられる理由があるんでしょう。

ゆっこ

いじめなんて、いじめる側が100%悪いんだよ

いじめられる側にも問題がある?

人をいじめる心理

人間は単純なもので、今まで仲良く話していた仲でも、

いつの間にか、いじめる側、いじめられる側になっていたりします。

でも、そういう人間が普通なんです。

相手への恐怖心からいじめる

いじめは相手への恐れから。

不可解と感じた人間に攻撃します。

例外なく集団で攻撃します。

大抵の人間はいじめる側につく

人間は状況次第で、簡単にいじめる側に付きます。

別に悪意がなくてもです。

誰かを標的にするとチームが結束するからです。

いじめられる側が悪い、というのは屁理屈

いじめられる方は全く悪くない

いじめられる人間は悪いことをして、いじめられる訳ではありません。

全ていじめる側が悪いです。

いじめられる側はなにか悪いことをしましたか?

気が弱いとか、そんな理由だけではないでしょうか?

見返してやる、というのは間違い

悪いことをしているわけではないのに、

「こっちが強くなって見返してやる」って、おかしいとは思いませんか?

いじめられる側は、理由なく傷つけられているのだから、

見返すうんぬん以前に、証拠を持って警察に言うべきなのです。

いじめる人間には、履歴書に汚点を残させてやるくらいの気持ちでもって、挑まないとダメなんです。

じゃないと、負け根性が一生、ついちゃうことになるんです。


いじめる側がいじめを正当化したい

先程も言いましたが、いじめられる側は100%悪くありません

理由なく傷つけられているのですから。

いじめる側は相手に弱いところを見出して、それをいじめる理由にします。

「おまえのここがいけないんだ」と。

いじめられている側は「自分にも悪いところがある」と思わされて、

自分から「いじめられる方も悪いから・・」と、言ってしまう。

「いじめられる方も悪い」は、いじめる側が作り出した、いじめを正当化する言い分です。

いじめられる人間は内向型が多い

いじめられる人間は内向型に多いです。

内向型は、自分の中にいじめられる原因を探します。

内向型は原因を外じゃなく、内に求める性質があるんです。

そうやって内向型は、自分が悪いと思わされ、

いじめを認めてしまうんです。自分から。

いじめは洗脳

いじめの最もタチの悪いところは、暴力じゃありません。

「自分は弱い」と思わされてしまうところにあるんです。洗脳です。


これはけっこう巧妙で、いじめる側は決まって真面目な人間を選びます。

ゼッタイにやり返さないと解ってるから、

真面目な人間を選んでいるんです。


なぜ「いじめられている側にも問題はある」がなくならないのか

人間は、いじめる側のほうが多いから

いじめがなくならないのは、いじめる側の数が多いからです。

これはいじめに直接参加する人間だけじゃなく、

悪口を言う、無視する、いじめられてるのに助けない、といった行為もおんなじ。


そういう人間を総合したら、8割の人間はいじめに加担しうる人間です。

群れを作って、秩序を守ろうとする人間です。


彼らのは、みんなで同じ行動をしなきゃ不安で、強い人間に同調する。



いじめが悪いと思っていても自分もやらならなきゃ、自分の立場がないから、やるんです。

自分らだって悪者になりたくないから、いじめられる側も悪いと言うのは当然で、

果敢に「いじめられる側も悪い」と言い続けるんです。

いじめられる側は真面目だから、いじめを正当化してしまう

いじめられる側は真面目だから、「自分が弱いからいけないんだ」と、

自分からいじめを正当化してしまうんです。

自分で「自分にも非がある」と認めちゃうから

「いじめられる側にも問題がある説」が無くならないんです。

いじめをした人間は警察へ突き出そう

言っちゃえば、大抵の人間はいじめをする可能性があって、

いじめる側が多いのがこの世の中。

だから、「いじめはいけない」「いじめられる方にも問題がある」なんて言ったって、

いじめはなくならないと皆わかってるはず。

じゃあもう、いじめをした人間は警察に突き出してしまえばいい。

そして前科持ちにしてしまえばいい


もう罰則なしでは人間はまとまれないんです。

ただ「いじめはよくない」と言ってるだけでは、何も変わらないんです。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

B!ボタンを押して頂けるとうれしいです❤

本書は「内向的性格の人におすすめしたい海外輸入マニュアル」です

うつ病になり、人生を諦めかけていた筆者が一人で輸入を始められたのは、

自分を苦しめていた、この、内向的な性格のおかげでした。

筆者の個人的体験を織り交ぜ、海外ビジネスに至る道のり、実践的スタート方法を徹底解説。

更に、このマニュアルを読んだ方にのみ限定公開の”秘”マニュアルの存在も。

脱・雇われ人を目指し、一人で仕事をしたい方、必見の虎の巻。

毎月50名様限定

無料お試し進呈中!

限定無料マニュアルを受け取る

いじめられたときの具体的対処法

外部リンク:マツコ・デラックスが「いじめられる側にも悪いところがある」論を批判! いじめる側の闇、弱者バッシングの構造も喝破

記事をシェアしましょう