内向型が始める輸入業 50名様限定進呈中

学生の時出来たことが、社会人になってから出来なくなる理由

明るく振る舞ったって意味ないよ

私は学生の時から盛り上げ役をやることが多く、誰かが辛そうなときも私が明るくして元気づけてあげる。そんな役割をしていました。

学生の時は自由にそんな役割をやってきましたが、社会人になってからはそういうことが疲れるようになってきました。

でもみんな「最近元気ないね」と言うので、無理して元気を出しています。

周りをがっかりさせたくない自分と、家に帰ってからどっと疲れてる自分がいます。

自分はどう明るく振る舞えばいいのでしょうか。

というようなお悩みをいただきました。

学生の頃にできたことが、社会人になってから、上手くできなくなった・・

ということです。

ゆっこ

どうやったら明るく振る舞えるかね〜

社会人とは、学校というオリから巣立った鳥

学校は例えるなら動物園のオリの中です。

学校は閉ざされた環境で、社会はその逆。


学校では、みんなおんなじ環境の中で、

それぞれ楽しみを探して、みんなに役割を与えるわけです。

「君は一軍のリーダーで、おまえはパシリ。あいつらは3軍」

「おまえはみんなを盛り上げる役目」っていう風に。

役割を与えられるから、生き方に疑問も無いし、楽しいんです。



盛り上げ役という役割は、もともと周りが与えてくれた役割であって、

社会に出たら、そういう役割は誰も求めませんし、

そんなことより、タスクを全うするほうが、価値あることなんです。人間としても。

だから、一気に自分の立ち位置がわからなくなるんです。

社会に出ると、色んな境遇の人がいて、色んな考えの人がいて、

良かれと思ってやったことが、良くなかったと、いうこともあります。

そういう事情にも、思いを馳せられる能力も必要になります。


学生の頃は悩みが多かった人のほうが、後々活躍する

社会に出ると、学生の頃の肩書は、何の役にも立たず、

屁のつっぱりにもなりません。


そういう意味では、「学生の頃は大変だった」、

「悩みが多かった」っていう人のほうが、

主体的に動けるものです。



学校から受ける、悪い影響は、自主性がないまま育つことです。

殆どの人間は、主体性を持てずに育つことになるので、

自分がわからないのは、しょうがありません。

社会は自由な分、自主性がないと生きるのは難しい

でも、人の評価からの巣立ちはいいことです。


人に自分の評価を委ねることに疑問を持ったってことは、自立心の目覚め。

社会にでて色んなモノを見ているうちに、

人の生き方はクラスの中のように、限られたものじゃないことを知った。

学校は自由で楽しいように感じるかもしれませんが、実は自由じゃないんです。

カゴの中で生かされてる鳥なんですから。飛び方も知らない鳥です。



社会は自由です。

でも飛び方を知らないとデカすぎて飛んでいけない。

だから生きるのは難しいんです。

だからみんな悩むんです。

社会人に本当に必要な能力は、なにかに夢中になること

できれば明るく振る舞いたいけど今は出来ない。

人を明るくしたいことを諦められないなら、

自分が本当に明るくならなきゃならない。

人生の目標を見つければ、自然と笑顔になって、

周りもそれに引き寄せられて、笑顔になります。

上の画像をクリック!

だれでも目標がある人は輝いているんです。

あなたが本当にこれからも周りの人を明るく照らしたいなら、自分が夢中になれることを探すこと。

それさえできればあなたは心から明るくなれる。

そこに無理はないから、本当の自分でいられるんです。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

B!ボタンを押して頂けるとうれしいです❤

本書は「内向的性格の人におすすめしたい海外輸入マニュアル」です

うつ病になり、人生を諦めかけていた筆者が一人で輸入を始められたのは、

自分を苦しめていた、この、内向的な性格のおかげでした。

筆者の個人的体験を織り交ぜ、海外ビジネスに至る道のり、実践的スタート方法を徹底解説。

更に、このマニュアルを読んだ方にのみ限定公開の”秘”マニュアルの存在も。

脱・雇われ人を目指し、一人で仕事をしたい方、必見の虎の巻。

毎月50名様限定

無料お試し進呈中!

限定無料マニュアルを受け取る

クソ上司の特徴を押さえておけば、楽に対処できる

外部リンク:外向的に明るく振舞うことにも問題がある

記事をシェアしましょう