内向的な人の出世を支援するマニュアル 毎月50名様先着プレゼント中!

自己肯定感を高める具体的方法

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

なぜ「自己肯定感が低い」という人が多いんでしょう。

自己肯定感を高くする方法はあるのでしょうか?

自己肯定感を高める方法

自己肯定感とは

自己肯定感とはなんでしょう。

それは自分の行為に責任を持つことであり、自分の決めたことを信じぬくことです。

自己肯定感の低い人は、自分の行動に自信がないから、やっていることを直視できず、途中で放り投げたりして、

それの繰り返しがますます、自己肯定感の低い人たらしめるわけです。

つまり行動力がない人のことです。


自己肯定感の低い人の特徴

偉大な人に自己肯定感の低い人はいません。


自己肯定感の低い人は自分の決めたことに責任を持ちたくないので、自ら行動しませんが、

何かを成し遂げた人は行動力の塊なので、自己肯定感の低さとは無縁です。

自分がやることが成功する確証がある人はいません。

でも、それでもリスクを犯して何かを始めるワケは、何もやらずにいると、むしろ状況は悪くなることを知っているからです。



ここに自己肯定感が低い人が、何をやっても上手く行かない理由があります。

自己肯定感が低い人は、何をするにも誰かの助言が必要で、自分で考えて動けず、

動くべきチャンスを逃してしまうので、どんどん状況が悪くなり、

やっと何かを始めたときにはすでに時遅しで、やることが何もかも上手く行かないわけです。




つまり事態を改善するには攻めの姿勢が必要で、

長期的な視点で、あえてリスクを取ることこそ、自身の成長に繋がり、

自分の幸せを形成する上では、安全と言えるのです。


自己肯定感が低い人が幸福を逃してしまうのは、場当たり的で短期的な視点によってのみ動き、

長い時間をかけて人生を設計する視点を欠いているからです。

なんとかしないと、ずっとチャンスに巡り会えないまま年を取り、

肯定感が低いと自然とストレスを貯めることになるので、

ストレス解消として酒に走ったり、栄養バランスが崩れ始めたりして、

ガンやうつ病のきっかけを作ってしまいます。

健康と幸せは不可分。

進んで何かを始めるということは、自分の健康を維持する活力にも繋るわけです。



教育が肯定感を低くする

自己肯定感の低さは、当たり前ですが、

親の教育とか、学校の教育によって出来上がるのは間違いありません。




人間社会では、自分で発想して動く力がないと生きていけません。

ところが親とか学校は、ルールで子供を縛り付け、早いうちから決まり事で頭の中をいっぱいにして、がんじがらめにします。

世の中の決まりごとは、全て仮定の話なので、全ての決まりごとが正解かと言えば100%そうではなく、

すべての人それぞれに合った正解があり、皆に当てはまる正解はありません。

つまり、世の中で良いとされていることが、ある人には良いこととは限らないということです。




自分だけの正解。つまりオンリーワンを見つけていく作業が人生であるにもかかわらず、それを知らずに育つとあっという間に没個性化し、

ストレスまみれになって、そのうち病気にかかり、結果自己肯定感が低くなります。


また、自由な発想が出来ずに育ってしまうと、蓋を開けてみれば理不尽だらけの現実に対応しきれず、

自分の力不足を真正面から受け取めてばかりになり、ストレスまみれになって、

自己肯定感が低くなってしまうというわけです。


会社にいる自己肯定感が低い人

会社によくいる、小姑みたいに細かいことをネチネチと突っついてくる人間は、自己肯定感の低い人間と見て間違いありません。


会社という組織は、利益を出さなきゃ存続できませんし、利益を出すために会社は長期的な目標を掲げます。

人間は大きな目的があれば、大抵の小さなことは許せるものですが、

自己評価の低い人間は、長期的に何かをするという視点を欠いているために、小さなことにばかりこだわり、

人の動きを止め、ダイナミックな動きをさせず、会社の不利益になることばかりします。


「会社にいても成長できない」という悩みの根源は、こういう自己評価の低い人間が巣食っていることよるもので、

会社のダイナミズムが失われていることにあります。


自分で考え動くことが大事

自己肯定感が低い人が、肯定感を高めるには、やっぱり何かを始めて見ることが一番です。

「失敗を恐れずに」とはよく言いますが、その通りで、

動機としては、チャンスをものにするための訓練であり、

人生を幸福にするための訓練です。



自分で考えて動かなければ、自己肯定感どころか、幸せすら訪れません。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

本書は「内向的性格の人へ向けた独立支援マニュアル」です

うつ病になり、人生を諦めかけていた筆者が独立できたのは、

自分を苦しめていた、この、内向的な性格のおかげでした。

筆者の個人的体験を織り交ぜ、独立に至る道のり、実践的スタート方法を徹底解説。

更に、このマニュアルを読んだ方にのみ限定公開の”秘”マニュアルの存在も。

脱・雇われ人を目指し、一人で仕事をしたい方、必見の虎の巻。

毎月50名様限定

無料お試し進呈中!

限定無料マニュアルを受け取る

第二新卒の転職に、おすすめの転職サイト

内向的な人が転職する時は、親身に相談に乗ってくれる、第二新卒エージェントがおすすめ!

一人あたり平均8時間の手厚いサポート。企業担当による面談対策。幅広い求人のご紹介。内定後、入社後もサポート。

初回2時間の面談でヒアリングから求人紹介まで完了。最短3日で内定獲得の利用者も。

未経験OKの正社員求人も多数取り扱い。取引企業は累計10,000社以上。

10~20代の第二新卒・既卒に特化した就職サポート

もしも辞める勇気がなかったら・・・

退職代行ガーディアンがおすすめ!

退職代行という労働問題において一般法人(株式会社など)と弁護士の強みを”唯一”持つ存在で、

労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を ”唯一”合法的に可能としてます。


低費用、簡単、確実(弁護士法72条で代理交渉権有)

簡単 (弁護士のような職務規定無い)、

低費用(一般法人と同じ人件費水準)、

確実(労働組合法6条で労働者のための代理交渉OK)


本当に20代の味方となれる退職代行。詳しくはこちら!

[確実根拠]憲法/民法/労組法/労基法に基づく最強の退職代行

外部リンク:「自己肯定感低め」の人が、自分を無理やり褒めるのは逆効果なワケ

記事をシェアしましょう