内向的な人の出世を支援するマニュアル 毎月50名様先着プレゼント中!

ありのままの意味とは何かを解説

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

ありのままでいられているでしょうか?

なかなか、ありのままでいるのは難しいことです。

今回はありのままでいるメリットと、方法をお伝えします。

ありのままの意味と、ありのままでいるメリットと方法

ありのままでないと、何もかも上手くいかない

人間、ありのままでないと、何をやってもうまくいかないものです。

ありのままじゃない、ということは取り繕っているということですから、

取り繕いの付け焼き刃だから、何をやっても上手くいかないのです。




ありのままでいられない、ということはその人の精神状態は恐れの只中。

なにかしらの自己防衛を全面に出して、必死に取り繕っているわけです。



しかし、付け焼き刃の歯では役に立たないのは当たり前で、

自分を作って挑んでも、そのうち本来の自分とニセの自分の間に齟齬が生じて、

精神的に疲れ、やること全部が上手くいかなくなるものです。



うまくやりたいなら、自分を偽らないことです。



ありのままとは?

では、ありのままとは、どういうことでしょう。

当然のことながら、ありのままとは、やりたい放題にすることではありません。




「ありのまま」がなんだか陳腐に聞こえてしまうのは、

「ありのまま」を色んな人が、言葉の上っ面だけを捉えて、自分にとって都合よく解釈することで、

人に迷惑をかけまくってしまうから、「ありのまま」がなんだか安っぽく聞こえてしまうのです。


やりたいことを好き放題やって、人に迷惑をかけ、

結局目も当てられない状況になれば、その「ありのまま」なんてなんの価値もありません。

事実、自分にとって都合の良い「ありのまま」を信奉した人間の末路は、周知のとおり情けないもので、

人に嫌われて終わりです。

都合のいいように「ありのまま」を解釈し、ワガママに振る舞っていると、

そのうち周りも呆れて、却って自分に利がない状況を、自分から作り出してしまうのです。


ということは本来の「ありのまま」とは、やりたい放題やるのとは対極の、しっかりした人間像でなければならないということです。

常に自分を磨き、謙虚な姿勢。

「ありのまま」を信じ、結局嫌われる人は、「ありのまま」の意味を知らないのです。

ちまたの「ありのまま」が自由奔放なワガママとは対極の意味であると解釈するならば、

本来の「ありのまま」は謙虚であり、柔軟である、というような意味ということで、

極めて人間的な姿であると理解できます。


もともと人間は、流れとともに変わっていくもの。

流れを自分のものとし、自分を変えていこうとする勇気。

それが本来の人間像であり、

流れとともに変わっていく姿が「ありのまま」ということなんですね。


ありのままでいる方法

ありのままの自分でいるには、人間としてのごく基本的な姿勢でいることが大切です。

つまり、謙虚に目標を持って生きることです。




ワガママに目標もなく生きていると、周りの人が離れていくのは当たり前ですが、

謙虚に目標を持って、魅力的に生きていれば、周りの人もそれを感じて、

居心地のいい環境を作ってくれます。

自分がしっかりしていれば、身の周りは自然と良くなるのです。

そうすると、自分に自信が生まれ、

自信がもたらされると、さらに「ありのまま」でいられるようになるのです。



「ありのまま」とは常に成長し続ける姿勢のことなんです。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

本書は「内向的性格の人へ向けた独立支援マニュアル」です

うつ病になり、人生を諦めかけていた筆者が独立できたのは、

自分を苦しめていた、この、内向的な性格のおかげでした。

筆者の個人的体験を織り交ぜ、独立に至る道のり、実践的スタート方法を徹底解説。

更に、このマニュアルを読んだ方にのみ限定公開の”秘”マニュアルの存在も。

脱・雇われ人を目指し、一人で仕事をしたい方、必見の虎の巻。

毎月50名様限定

無料お試し進呈中!

限定無料マニュアルを受け取る

第二新卒の転職に、おすすめの転職サイト

内向的な人が転職する時は、親身に相談に乗ってくれる、第二新卒エージェントがおすすめ!

一人あたり平均8時間の手厚いサポート。企業担当による面談対策。幅広い求人のご紹介。内定後、入社後もサポート。

初回2時間の面談でヒアリングから求人紹介まで完了。最短3日で内定獲得の利用者も。

未経験OKの正社員求人も多数取り扱い。取引企業は累計10,000社以上。

10~20代の第二新卒・既卒に特化した就職サポート

もしも辞める勇気がなかったら・・・

退職代行ガーディアンがおすすめ!

退職代行という労働問題において一般法人(株式会社など)と弁護士の強みを”唯一”持つ存在で、

労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を ”唯一”合法的に可能としてます。


低費用、簡単、確実(弁護士法72条で代理交渉権有)

簡単 (弁護士のような職務規定無い)、

低費用(一般法人と同じ人件費水準)、

確実(労働組合法6条で労働者のための代理交渉OK)


本当に20代の味方となれる退職代行。詳しくはこちら!

[確実根拠]憲法/民法/労組法/労基法に基づく最強の退職代行

外部リンク:自分が何者で何をしたいのかがわからない

記事をシェアしましょう